2019年4月の主日聖書日課から

○哀歌 01章13節~14節
 主は高い天から火を送り
 わたしの骨に火を下し
 足もとに網を投げてわたしを引き倒し
 荒廃にまかせ、ひねもす病み衰えさせる。
 背いたわたしの罪は御手に束ねられ
 軛とされ、わたしを圧する。
 主の軛を首に負わされ
 力尽きてわたしは倒れ
 刃向かうこともできない敵の手に
 引き渡されてしまった。

○ルカによる福音書 22章40節~42節
 いつもの場所に来ると、イエスは弟子たちに、「誘惑に陥らないように祈りなさい」と言われた。そして自分は、石を投げて届くほどの所に離れ、ひざまずいてこう祈られた。「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」

○ルカによる福音書 24章04節~07節
 そのため途方に暮れていると、輝く衣を着た二人の人がそばに現れた。婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、二人は言った。「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。」

○詩編 16編01節
 神よ、守ってください
 あなたを避けどころとするわたしを。
 主に申します。
 「あなたはわたしの主。
 あなたのほかにわたしの幸いはありません。」

 出所:聖書日課編集委員会編集「日毎の糧2019」(日本キリスト教団出版局、2018年12月1日発行)より作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です