2020年1月12日「まだ悟らないのか」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書8章11-21節

 イエス様たちが船に乗るときに、弟子たちはパンを持ってくるのを忘れ、船の中には一つのパンしか持ち合わせていなかったのです(14節)。そのとき、イエス様は「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい」と戒められました。
 しかし、弟子たちは、それを具体的なパンの話と思い込んでしまっていました。
 弟子たちが見るべきことは、一つしかないパンという現実ではなく、彼らの目の前におられるイエス様でした。イエス様は二度も、わずかなパンで大勢の人を満腹する奇跡を行われたのです。イエス様が共におられれば、何が足りなくても大丈夫であることを示してくださったのに、弟子たちはパンが足りないことで、議論し始めたのです。
 そんな弟子たちに何度も恵みのしるしを与え、「まだ、悟らないのか」と繰り返し、イエス様は問いかけられます。
 皆さんの視線は、今どこに向いているのでしょうか。霊的な目が開かれ、今も生きておられる主イエスを見上げるように願っております。
 今も生きておられる主イエスが共におられるならば、なんの心配もありません。私たちは、恨みはいつまでもよく覚えているものですが、恵みはすぐに忘れてしまいます。だからこそ、主イエスは何度も何度も恵みのしるしを与え、「まだ、わからないのか。悟らないのか」と言われているのです。

2020年1月5日「主のあわれみに生かされて」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書8章1-10節

 1節に「そのころ、また群衆が大勢いて、何も食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた」とあります。これは、7章31節の「それからまた、イエスはティルスの地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖へやって来られた」、「そのころ」のことです。
 イエス様は、テカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖の東側にやって来られました。ユダヤからすると、異邦の地方に当たります。このことは、イエス様の救いがユダヤ人だけではなく、異邦人にまで広がっていくことを指し示しています。イエス様は、すべての人が救いに招かれていることを教えております。
 2節、3節に「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしと一緒にいるのに、食べ物がない。空腹のまま家に帰らせると、途中で疲れきってしまうだろう。中には遠くから来ている者もいる」とあります。
 「かわいそうだ」という言葉は、ギリシア語では「内臓が痛むほど憐れむ」ことです。イエス様は群衆を飢えたまま、帰らせることに対して、ご自分の内臓が痛くなるほど、憐れんでくださったのです。
 私たちはこの世に生きる限り、様々な苦しみを味わい、経験するのです。しかし、その苦しい経験の深まるところで、思いもかけなかった主の憐れみを味わうことができるのです。クリスチャンは主の憐みによって生かされていく者です。

2019年12月29日「イエスの小さな旅立ち

○金 南錫牧師 マタイによる福音書2章13-23節

 幼子イエスはヨセフとマリアに連れられてエジプトに旅立ちました。そして、ヘロデが死ぬまでそこにいました。15節に「それは、『わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した』と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった」とあります。
 この「エジプトから私の子を呼び出した」とあるのは、旧約聖書ホセア書11章1節の引用の言葉です。ホセア書11章1節はこうあります。「まだ幼かったイスラエルをわたしは愛した。エジプトから彼を呼び出し、わが子とした」。
 ここで、「わが子」とはイエス様のことではなく、イスラエルの民のことです。幼子イエスがエジプトに逃れた出来事は、「それは、『わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した』と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった」と説明されています。
 幼子イエスがエジプトへ行き、そしてエジプトから戻る旅はホセア預言者によって預言された言葉の成就であった。つまり、幼子イエスがエジプトへ行き、エジプトから戻る旅は、旧約のイスラエルの民の旅の繰り返しです。幼子イエスがイスラエルの民の歩みをその幼子の身で体験されたのです。
 この一年の歩みを、私たちの過去をひっくるめて受け止めてくださる主イエスに委ねて、新しい年に向けて、小さな旅立ちをしようではありませんか。

2019年12月22日「クリスマスの困惑」

○金 南錫牧師 マタイによる福音書1章18節-2章3節

 クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う最も喜ばしい時です。しかし、どうでしょうか。私たちが生活している現代の社会は、愛と平和、希望に満ちているのでしょうか。
 今年も、悲しい出来事が日本中、世界中で数々ありました。実に、聖書におけるイエス様の誕生も、喜びの中で迎えられたのではなく、とんでもない不安と困惑の中で受け止められたことを語っています。
 ヘロデ王はユダヤに新しい王が誕生したしるしである星を見て、その王を拝むためにユダヤにやってきたという東方の学者たちのことを耳にして、大きな不安に襲われました。そして、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を一人残らず殺させたのです。
 しかし、ヨセフはどうだったのでしょうか。婚約者マリアの妊娠を知ったとき、ヨセフはがく然とし、不安と困惑に襲われたに違いありません。ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心したのです。
 ところが、ヨセフは夢を見ました。夢の中で、主の天使により、神の御言葉を聞いたのです。そして、ヨセフは神の御言葉を信じ、妻マリアを御言葉通り受け入れることによって、ヨセフもクリスマスを担う一人となったのです。

2019年12月15日「開け」

○金 南錫牧師 マルコ7章31-37節

 イエス様が遠回りされてから、ガリラヤ湖へ行かれた時、人々は耳が聞こえず舌の回らない人を連れて来て、その上に「手を置いてくださるように」と願いました(32節)。
 障がいのある人は、自ら進んでイエス様のもとにやってきたのではありません。周りの人々が連れて来たのです。もうこれ以上、良くなることもないという諦めが彼の生活を作り上げていたかもしれません。
 「そこで、イエスはこの人だけを群衆の中から連れ出し、指をその両耳に差し入れ、それから唾をつけてその舌に触れられた。そして、天を仰いで深く息をつき、その人に向かって、『エッファタ』と言われた。これは、『開け』という意味である。すると、たちまち耳が開き、舌のもつれが解け、はっきり話すことができるようになった」(33-35節)。
 一人の障害を負った人は「開け」という意味の「エッファタ」という強烈な一言によって、耳が開かれ、舌のもつれが解け、はっきり話すことができるようになったのです。
 クリスチャンは、信仰の耳が開かれて、神の御言葉に聞き従う者です。様々な悩みや悲しみ、苦しみや辛さに出会うその時、イエス様は十字架という苦しみを通して、私たちにすばらしい道を指し示してくださるのです。
 聖書の御言葉を聞く耳が開かれた者として、「喜びは主のうちに」その生き方を、共に歩んでみませんか。

2019年12月8日「小犬とパンくず」

○金 南錫牧師 マルコ7章24-30節

 汚れた霊に取りつかれた幼い娘を持つ母親がイエス様のことに聞き付けて、主の足もとにひれ伏しました。そして、娘から悪霊を追い出してくださいと叫びました。この母親は祈る母でした。
 この母親の叫びに対して、イエス様は「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない」と言われます(27節)。
 「子共たち」というのはユダヤ人のことです。「小犬」というのはユダヤ人以外の異邦人を意味しています。このとき、イエス様はユダヤ人の救いのみに向かっていますから、異邦人の女性が来ても、すぐ受け止めなかったのです。
 しかし、この母親は落胆しませんでした。彼女の信仰の素晴らしさは、イエス様の御言葉から諦めずに、「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます」と答えたことでありました。「パン屑」はキリストの福音のことです。
 この母親の訴えを聞いたイエス様は、「それほど言うなら、よろしい。家に帰りなさい」と言われ、家に帰ってみると、悪霊に取りつかれた娘の病気がいやされていました。

2019年12月1日「口先と心」

○金 南錫牧師 マルコ7章1-23節

 ユダヤ人が外の汚れから身を清めることに懸命であったのに対し、イエス様は人を汚す汚れは私たちの内にある、心にあると指摘されたのです。
 また、イエス様は「人間の心から、悪い思いが出てくるからである。みだらな行い、盗み、殺意、姦淫、貪欲、悪意、詐欺、好色、ねたみ、悪口、傲慢、無分別など、これらの悪はみな中から出て来て、人を汚すのである」と言われます(21-23節)。
 ここで、人間の心から出てくる悪い思いを自分に当てはめてみると、どうでしょうか。どれも私たちの罪の心から出てくる悪です。イエス様はここで、人間はみな罪人なのだと宣言されたのです。聖書は、すべての者は罪を犯していると言っています。
 しかし、それで失望するのではなく、そのような私たちであるからこそ、テサロニケの信徒への手紙一4章7節に「神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです」と言ってくださっているのです。私たちは聖なる生活のために、日々自分の罪を認め、悔い改めなければなりません。

2019年11月24日「再び湖の上にて」

○金 南錫牧師 マルコ6章45-56節

 弟子たちが乗っている舟が逆風に遭って、少しも前に進まないのです。イエス様は湖の上を歩いて、弟子たちのところに来られました。しかし、弟子たちは湖の上を歩くイエス様を見て、幽霊だと思って、大声で叫びました。
 そのおびえる弟子たちに向かって、イエス様は「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われました。そして、イエス様が弟子たちの舟に乗り込まれると、風は静まったのです。弟子たちは非常に驚きました。聖書は「パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである」と告げるのです(52節)。パンの出来事。それは、イエス様がまことの神であられることを示しているのです。
 実は、本日の湖の上を歩いてこられるイエス様の出来事も、イエス様がまことの神であられるということを示しているのです。「湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた」(48節)。
 旧約聖書において、人が神を面と向かって見ることは死を意味していました。ですから、神様は、通り過ぎることをもって、ご自身が共にいることを示されたのです。私たちの信仰の歩みはまことの神であられる主イエスが共にいてくださるので、安心できるのです。

2019年11月17日「五つのパンと二匹の魚」

○金 南錫牧師 マルコ6章30-44節

 イエス様の前には大勢の群衆がいました。イエス様は、羊飼いのいない羊のような人々をご覧になって、「深く憐れで」くださいました(34節)。
 イエス様の憐みは単なる同情とは違います。相手のほんとうの幸せを願わずにはいられず、とてもほっとけないという気持ちです。イエス様が周りに押し寄せる群衆を深い愛で、みんなのことを心から心配して、愛してくださいました。
 それが教会の伝道の動機です。弟子たちの熱意や願いから始まったのではありません。
 日が傾いてくると、弟子たちは群衆を解放させてくださいとイエス様に願いました。飢えた大勢の群衆がどこかよそで、その飢えを満たせるようにと願ったのです。群衆から逃げようとする弟子たちを断固、イエス様は阻止されるのです。
 「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」(37節)。「パンは幾つあるのか。見て来なさい」(38節)。弟子たちは確かめた上で、答えました。「五つあります。それに魚が二匹です」。それから、イエス様は五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱えられました。
 弟子たちは、これだけしかない、そう思って差し出しました。しかし、イエス様は弟子たちから受け取り、これがあるということで神に感謝しました。神の国の働き、伝道はここから始まっているのです。

2019年11月10日「洗礼者ヨハネの死」

○金 南錫牧師 マルコ6章14-29節

 ヘロデは自分の兄弟フィリポの妻ヘロディアを妻としました。それを洗礼者ヨハネが、「自分の兄弟の妻と結婚することは、律法で許されていない」と言ったのです。
 これは、非常に勇気のいる言葉でした。しかし、批判したために、捕まって牢に閉じ込められてしまったのです。特に、ヘロデの妻ヘロディアは洗礼者ヨハネを恨み、殺そうと思っていました。しかし、「ヘロデが、ヨハネは正しい聖なる人であることを知って、彼を恐れ、保護し、また、その教えを聞いて非常に当惑しながらも、なお喜んで耳を傾けていた」ために(20節)、なかなか殺すことができなかったのです。
 では、ヨハネは何を教えていたのでしょうか。それは、神の御前に立ち、あなたの罪、姦淫の罪を悔い改めなさい。そして、神のもとに立ち返りなさい、ということです。神の前に、洗礼者ヨハネの心、良心は生きていたのです。
 しかし、ヘロデの心は虚栄心に満ちていたのです。彼はガリラヤ地方の「領主」にすぎなかったのに、誕生祝いの席で踊った娘に、まるで自分は何でもやれる「王」であるかのように、「この国の半分でもやろう」と言い、虚栄心に満ちていたのです。この虚栄心が、ヘロデの人生を滅びていくのです。
 私たち人間には、こういう弱さがあります。神の前で、何が正しいことかを祈り求める必要があります。そして、かっこいい生活だけを神に見せるのではなく、真に弱く、失敗した生活を神の前にさらして、赦しを求め続けて生きることができますように、祈り願います。