2022年6月26日「悪を善に変える神」

○金 南錫牧師   創世記50章1-26節

ヤコブは、147年の地上の生涯を終えました。ヤコブの遺体は先祖の眠るマクペラの畑の掘穴に葬られました。その後、ヨセフとその兄弟たちはエジプトへ帰りました。ところが、兄弟たちに一つ気がかりなことがありました。それは、父ヤコブが死んだことによって、ヨセフの心が変わり、自分たちに仕返しをするのではないか、という心配でした(15節)。そこで兄たちは、人をやって、自分たちの咎と罪を赦してほしいと懇願しました。

これを聞いて、ヨセフは涙を流しました。そして、兄たちにこう言いました。「恐れることはありません。わたしが神に代わることができましょうか。あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。どうか恐れないでください。このわたしが、あなたたちとあなたたちの子供を養いましょう」(19、21節)。これは、すべてのことを働かせ、悪を善に変える神の摂理を信じる信仰に立っていたヨセフ物語の結論のような言葉です。

 

2022年6月19日「ヤコブの祝福と死」

○金 南錫牧師   創世記49章1-33節

ヤコブは死を前にして、12人の息子たちに祝福の言葉を残しました。しかし、その内容を見ると、中には祝福とは思えないような言葉もあります。例えば、長男のルベンは「お前は水のように奔放で、長子の誉れを失う」と言われていたり、シメオンとレビは「呪われよ。イスラエルの間に散らす」とまで言われています。またイサカルは「苦役の奴隷に身を落とす」と言われました。ところが、ヤコブは彼らにも、良いところが一杯あったことをよく分かったはずです。でもあえて厳しいと思えることを言いました。それは、彼らにそういう弱さがあることを忘れないようにという願いがあったからです。それほど彼らのことを心配していました。

イエス様は死ぬ間際に、御自分を十字架につけた人たちを心配して、「父よ、彼らをお赦しください。何をしているのか、分からないのです」と祈られました(ルカ23:34)。私たちは弱くて、罪深い者ですが、神が私たちを愛しておられ、いつも赦してくださる。そこに私たちの祝福があります。

2022年6月12日「祝福の祈り」

○金 南錫牧師   創世記47章13-48章22節

ある時、ヤコブが病気になったことが息子のヨセフに知らされました(48:1)。それで、ヨセフはエジプト人の妻との間に生まれたマナセとエフライムという二人の息子を連れて行きました。

ヤコブは、ヨセフの二人の息子を祝福しました。その祝福の言葉が15節と16節に記されています。「わたしの先祖アブラハムとイサクが、その御前に歩んだ神よ。わたしの生涯を今日まで、導かれた牧者なる神よ。わたしをあらゆる苦しみから、贖われた御使いよ。どうか、この子供たちの上に、祝福をお与えください。どうか、わたしの名と、わたしの先祖アブラハム、イサクの名が、彼らによって覚えられますように。どうか、彼らがこの地上に、数多く増え続けますように。」

ヤコブは今日までの自分の生涯を振り返って、「わたしの生涯を今日まで導かれた牧者なる神よ」と言っています。私たちの人生においても、そうではないでしょうか。どのような時にも一緒にいてくださり、一番良い時に救いを与えてくださり、ここまで導いてくださいました。これからもそうでしょう。

2022年6月5日「神の祝福を担うもの」

○金 南錫牧師   創世記46章1-47章12節

ヤコブはカナンの地を離れ、エジプトに向かって出発しますが、彼の心の中には心配なことがありました。それは、約束の地であるカナンの地を離れていいのか、ということでした。ヤコブはベエル・シェバで祭壇を築き、いけにえを献げ、神の導きを求めました。このヤコブに対して、神様は「恐れてはならない。わたしがあなたと共にエジプトへ下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す」と約束してくださいました(3、4節)。聖書は「エジプトに行ったヤコブの家族は総勢七十名であった」と記しています(27節)。ヤコブの一族はいよいよエジプトに足を踏み入れました。

 ヨセフは、父ヤコブをファラオの前に連れて行きました。この時、「ヤコブはファラオに祝福の言葉を述べた」とあります(7節)。一介の羊飼いにすぎないヤコブが、時の大国とも言えるエジプトの王ファラオを祝福するのです。聖霊によって与えられた信仰のゆえに洗礼を受けた私たちは、この後、行われる洗礼式、聖餐式を通して、主イエスの十字架の愛、救いの恵みを思い起こして、神の祝福を頂いた者として、また今日その祝福を担う者として、洗礼式を行い、聖餐式にあずかりたいと思います。

 

 

2022年5月29日「ヨセフの信仰」

○金 南錫牧師   創世記45章1-28節

弟の身代わりになることを申し出るユダの姿を見て、ヨセフは22年前に自分を見捨てたあの時の兄たちとは違うことがよくわかりました。そして、自分がヨセフであることを兄弟たちに告白します。兄たちは驚きのあまり、答えることができませんでした。また同時に、かつて自分たちがヨセフに対して犯した罪のことを思い出し、ヨセフの復讐を恐れていました。驚き恐れる兄たちにヨセフは「わたしをここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」と言います(5節)。

ヨセフは神の視点から自分の人生を見ようとする時、そこに起こるすべての出来事が、神の導きの中にあることを信じるようになりました。これまで自分の人生の謎がことごとく解かれるのを実感したのです。8節、9節で「わたしをここへ遣わしたのは、あなたたちではなく、神です。・・・神が、わたしを全エジプトの主としてくださいました」と証しているのです。これがヨセフの信仰でした。神の導きを信じる信仰です。

2022年5月22日「ユダの嘆願」

○金 南錫牧師   創世記44章1-34節

 ヨセフは兄弟の袋に穀物の代金として支払われた銀を入れさせて、一番年下のベニヤミンの袋には、自分の銀の杯を入れておくようにと、執事に命じました(2節)。そして、執事が兄たちに追いついて、盗みの疑いをかけられた時に、兄たちは「僕どもの中のだれからでも杯が見つかれば、その者は死罪に、ほかのわたしどもも皆、御主人様の奴隷になります」と言ったのです(9節)。兄たちは、杯を盗んだ者だけが死罪になるのではなく、ほかの者たちも皆、責任を取ると言うのです。しかし、調べられて、ベニヤミンの袋から、銀の杯が見つかるわけです。

 こうして、兄弟たちは再びヨセフの前に立たされることになりました。ユダがヨセフの前に進み出て語り始めました。これが、18節から34節まである「ユダの歎願」であります。「何とぞ、この子の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子はほかの兄弟たちと一緒に帰らせてください。」(34節)ユダは自ら弟の身代わりになることを申し出るのです。このユダの言葉の中に、私たちの身代わりとされたイエス・キリストを見出すことができます。

2022年5月15日「ご安心ください」

○金 南錫牧師   創世記43章16-34節

 父ヤコブの指示に従い、十一人の息子たちは贈り物と二倍の銀を携えて、ベニヤミンを連れて、エジプトへ下って行きました。ヨセフの執事は一同をヨセフの屋敷へ連れて行きました。ところが、兄たちはヨセフの屋敷へ連れて来られたので、自分たちが捕らえられ、ひどい目に遭い、奴隷にされてしまうにちがいないと恐れたのです。それで、彼らはヨセフの執事の前に進み出て、屋敷の入り口のところで話しかけました。「わたしどもは前に一度、食糧を買うためにここへ来たことがございます。ところが、帰りに宿で袋を開けてみると、一人一人の袋の口のところにそれぞれ自分の銀が入っておりました。しかも、銀の重さは元のままでした。それで、それをお返ししなければ、と持って参りました。・・・一体誰がわたしどもの袋に銀を入れたのか分かりません。」(20-22節)

 このように、兄たちはヨセフの執事に自分たちは何も悪いことはしていないと一生懸命言うのです。これに対して、執事は「御安心なさい。心配することはありません。きっと、あなたたちの神、あなたたちの父の神が、その宝を袋に入れてくださったのでしょう」と答えました(23節)。私たちはいつも多くの恐れと不安に取り囲まれています。その時、神様は「御安心なさい。恐れることはない」と私たちにも語りかけてくださるのです。

 

2022年5月8日「ヤコブの決意」

○金 南錫牧師   創世記42章29-43章15節

 43章1節に「この地方の飢饉はひどくなる一方であった」とあります。カナン地方にひどい飢饉が続いて、やがてエジプトから買って来た穀物は食べ尽くされてしまいました。困り果てたヤコブは息子たちを呼んで「もう一度エジプトに行って、食糧を買って来なさい」と頼みます。しかし、ユダは「もし弟を一緒に行かせてくださるなら、我々は下って行って、あなたのために食糧を買って参ります。しかし、一緒に行かせてくださらないのなら、行くわけにはいきません」と答えました。なぜなら、あの人、ヨセフが、「弟が一緒でないかぎり、わたしの顔を見ることが許さぬ」と厳しく言い渡したからです。

 それでもヤコブの心はなかなか動きません。しかし、ユダは「あの子をぜひわたしと一緒に行かせてください。それなら、すぐにでも行って参ります。そうすれば、我々も、あなたも、子供たちも死なずに生き延びることができます。あの子のことはわたしが保障します」と言いました。もし、弟ベニヤミンを連れて帰らなかったら、自分がその責任をすべて負うとまで言うのです。このユダの説得によって、ついにヤコブはベニヤミンを行かせることを決心します。なお、祈りの中で全能の神に、シメオンとベニヤミンを返してくださると願って、すべてを委ねます(14節)。後に二人とも取り戻すことになります。

 

2022年5月1日「ヨセフの試し」

○金 南錫牧師   創世記42章1-28節

 飢饉がカナンの地にまで及びました。ヤコブはベニヤミンだけを残して、十人の息子たちを呼んで、エジプトに穀物を買いに行くように命じます。エジプトに着いた兄たちはヨセフと知らずに、彼の前にひれ伏し拝みます。ヨセフは一目で、自分の兄たちだと気づきましたが、そしらぬふりをして厳しい口調で、「お前たちは、どこか来たのか」と問いかけます(7節)。また、「お前たちは回し者だ」と言って、兄たちが試そうとしているのです。それは、22年前に、自分を穴に投げ入れて、通りかかった商人たちに売り飛ばしたことを、兄たちはどう思っているのか、そのことを知りたかったのです。兄たちは「ああ、我々は弟のことで罰を受けているのだ。弟が我々に助けを求めたとき、あれほどの苦しみを見ながら、耳を貸そうともしなかった。それで、この苦しみが我々にふりかかった」と互いに心の思いを打ち明けます(21節)。この言葉には、過去の罪を思い返して、ヨセフに悪いことをしたという後悔の思いが示されています。罪を悔いている兄たちの姿を見て、ヨセフは感動して、その場を離れて、一人で泣いたのです(22節)。