2020年10月11日「イエスの沈黙」

○金 南錫牧師 イザヤ書53章4-7節、マルコによる福音書15章1-5節

(音声メッセージを提供しています)

 ユダヤ人の最高法院ではイエス様に死刑の判決を下しましたが、当時のユダヤはローマ帝国の支配下にあり、死刑の判決はローマの総督の権限に委ねられていました。
 ですから、彼らは翌朝、イエス様を総督官邸に連れて行き、総督ピラトに死刑判決を下すように訴えました。
 しかし、彼らはイエス様を宗教的な冒とく罪で訴えると、ローマ帝国は、関与しないことを分かっていましたので、イエス様をローマ帝国への政治的な反乱罪として、嘘を言って訴えたのです。
 そういうわけで、ピラトはイエス様に「お前がユダヤ人の王なのか」と確認します。イエス様は「それは、あなたが言っていることです」と一回だけ答えて、その後は何も言わないで、沈黙を守っていました。そのイエス様の対応に対して、「ピラトは不思議に思った」と記されています(5節)。
 イエス様は当然、御自分の正しさを主張できたところを、一切そうなさらず沈黙されました。それは、私たちを救うためでした。
 イエス様が私たちの罪をその身に負って、私たちの身代わりに十字架に死んでくださるということは、その不条理の中で神に信頼し続けることでした。
 神様は、そのイエス様を死人の中から、やがてよみがえらせるのです。イエス様の沈黙は信仰の沈黙でした。

 

2020年10月4日「ペトロの涙」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章66-72節

(音声メッセージを提供しています)

 失敗ということを考えると、どうしても福音書に書かれているペトロのことが心に浮かんで来ます。今日の聖書箇所は、イエス様の筆頭弟子であったペトロが失敗したところです。
 イエス様が大祭司の前で審問を受けている同じとき、この大祭司の女中の一人がペトロに「あなたも、あのナザレのイエスと一緒にいた」と言います。
 ペトロは、この大祭司の女中の言葉に「あなたが何のことを言っているのか、わたしには分からないし、見当もつかない」と打ち消して逃げようとするのです。
 その女中がまたペトロを見て「この人は、あの人たちの仲間です」と言うと、ペトロはまたそれを打ち消します。そして、人々も「確かに、お前はあの連中の仲間だ。ガリラヤの者だから」と言うのに対して、ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら、「あなたがたの言っているそんな人は知らない」と言って、ついに激しく誓い始めたのです(71節)。
 そのとき、二度鶏が鳴きました。「たとえ、みんながつまずいても、わたしはつまずきません」と言うペトロに対して、イエス様は「はっきり言っておくが、あなたは今日、今夜、鶏が二度鳴く前に、三度わたしのことを知らないと言うだろう」と言われました。
 それをペトロは鶏が鳴く声ではっきりと思い出したのです。イエス様の言葉を思い出したペトロは、いきなり泣き出しました(72節)。
 ここに、自分の気持ちを素朴に、率直に主張し、大失敗をして、その失敗を心から認め、泣き崩れているペトロの姿があります。人間である限り失敗は付きものです。大切なのは、主イエスはそのために十字架にかかって身代りとなり、しかもそういう私たちを愛し続けてくださったのです。

2020年9月27日「大祭司の裁判」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章53-65節

(音声メッセージを提供しています)

 本日の聖書箇所には、イエス様が大祭司の裁判を受けたことが記されています。
 しかし、「祭司長たちと最高法院の全員は、死刑にするためイエスにとって不利な証言を求めたが、得られなかった」とありますように(55節)、すでにイエス様を死刑判決することが決まっていた裁判でした。
 ゲツセマネで祈られたイエス様は、ユダの裏切りによって捕らえられ、大祭司の屋敷に連れて来られました。そこに、祭司長、長老、律法学者たちが皆、集まって来ました。
 ある人々は、神殿に対する冒とく罪を持ち出しましたが、彼らの証言は食い違っていたのです(59節)。そして最後に、大祭司による審問に入ります。
 「何も答えないのか、この者たちがお前に不利な証言をしているが、どうなのか」。
 大祭司はイエス様に今までの偽証への釈明を求めました。しかし、イエス様は黙して、語りませんでした。そこで、重ねて大祭司は「お前はほむべき方の子、メシアなのか」と尋ねたのです。
 この問いかけに対して、イエス様は「そうです。あなたたちは、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に囲まれて来るのを見る」と答えております(62節)。
 このイエス様の言葉尻をもって、最高法院のメンバーたちは、自分を神とするイエス様に対して、神への冒とく罪として、死刑にすべきだと決議したのです(64節)。
 教会は、イエス様こそ、神の子・キリストであることを告白するところです。イエス様がユダヤの最高法院ではっきりと、「そうです」と告白されたように、教会に集われた一人一人がイエス様こそ神の子・キリストであることを告白し続けていくときに、教会は教会になっていくのです。

2020年9月20日「亜麻布の信仰」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章51-52節

 一人の若者が身にまとっていた亜麻布を捨てて、裸のままで逃げてしまいました。教会の歴史の中で、この若者は、今日の「マルコによる福音書」を書いたマルコではないかと言われてきました。
 マルコの母マリアは、イエス様が十字架に架かられる前から、イエス様に従っていた女性の弟子の一人で、信仰深く、教会のために自宅を惜しみなく開放していた人物でした。ですから、マルコは、この母の影響でクリスチャンになったのではないか、そして彼の信仰の歩みもまた母マリアの祈りに支えられていたと思われます。
 マルコが、「素肌に亜麻布をまとってイエスについて来ていた」とあります(51節)。
 当時、布を巻き付けるような服装でもあったので、マルコは亜麻布を巻き付けるような姿でイエス様の後をついていったのです。
 しかし、ある程度、イエス様の後をついていったのですが、「人々が捕らえようとすると、亜麻布を捨てて裸で逃げてしまった」のです(52節)。
 この亜麻布を信仰と重ねて考えますと、マルコの信仰は、亜麻布をまとうような信仰でした。そして、試練に会ったとき、それを脱ぎ捨てて逃げてしまったのです。
 私たちの信仰は、服装のように着たり脱いだりするものではありません。ある程度従ってやめるのではなく、最後まで主イエスに従っていくこと。それが、本当の信仰ではないでしょうか。

2020年9月13日「イエスの逮捕」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章43-50節

 今日の箇所は、ゲツセマネでイエス様が祈られた直後でありました。
 イスカリオテのユダに誘導されて、祭司長、律法学者、そして、長老たちから遣わされた群衆がやって来ました。しかも、彼らは剣や棒を持っていたと、聖書に出ています。
 イエス様を裏切ろうとしていたユダは、いつもゲツセマネの園でイエス様が祈られる場所をよく知っていました。そして、接吻するその人がイエスであると、彼らに伝えていましたので、容易にイエスを逮捕できました。
 そのとき、そこに居合わせた人々のうちのある者が剣を抜いて、大祭司の手下の片方の耳を切り落としました。ヨハネによる福音書には、それは、弟子のペトロが、剣を抜いて、大祭司の手下であるマルコスの耳を切り落としたというふうに出ています(18:10)。
 ペトロは今日の箇所の少し前のところで、「たとえ、みんながつまずいても、わたしはつまずきません」と言い切ったのです。しかし、そのペトロもほかの弟子と同じように、イエス様が捕らえられた直後、自分の身の危険を感じて、イエス様を見捨てて、逃げてしまったのです。
 イエス様を裏切ったのは、イスカリオテのユダだけではありませんでした。ほかの十一の弟子たちも皆、イエス様を裏切ったのです(50節)。
 信仰と不信仰は、いつも隣り合わせにあるのです。弟子たちの弱さを自分のこととして受け止めなければいけません。ペトロは、何度も何度も失敗しました。しかし、その度に、神の愛、主イエスの愛に、新しく受けられたのです。

2020年9月6日「ゲッセマネの祈り」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章32-42節

 教会のロビーに、イエス様の祈りの姿が描かれている絵があります。おそらくイエス様のゲツセマネでの祈りではないかと思われます。このゲツセマネという場所は、オリーブ山の山麓で、オリーブの木が茂っていて、祈りの場として適した場所でした。
 本日の聖書箇所は、十字架に向かう前のイエス様の最後の苦悩に満ちた孤独な祈りが描かれています。
 32節を見ますと、ゲツセマネには、イエス様も十二弟子たちも一緒に来たと言われています。一緒に同行した他の九人の弟子たちには、祈っている間に、「ここに座っていなさい」と指示する一方、イエス様は、弟子の代表であったペトロ、ヤコブ、ヨハネの三人をもう少し奥の祈りの場に一緒に連れて行かれました。しかも、なんと、イエス様自身が自らの困惑と苦悩を三人の弟子たちに隠すことなく、はっきりと言われました。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、目を覚ましていなさい。」(34節)
 正真正銘の生身の人間として、イエス様も、死ぬことなど嫌でした。愛する人々と別離することに激しく心が痛みました。ですから、イエス様は父なる神様に、その戸惑い、悲しみ、苦悩を訴え、祈りました。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください」。
 「この杯」とは、十字架の死のことです。イエス様はこの十字架の死以外に、道はないのかと切に祈られたのです。私たちも祈っているとき、神様に率直に訴えることが大切なのです。それが、神様を信頼することの出発点です。ただ、神様を信頼するということは、次のイエス様の一言の祈りに進んでいくことを意味します。
 「しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」。
 祈るとき、神に信頼を寄せ、どんなことでも願っていいのです。しかし、必ずこう付け加えます。「しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」と(36節)。

2020年8月30日「つまずきを超えて」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章27-31節

 本日の聖書箇所において、オリープ山に向かう途中で、イエス様は弟子たちに「あなたがたは皆わたしにつまずく」と言われました。イエス様はここで、イスカリオテのユダだけではなく、ほかの弟子たちも皆、イエス様を裏切る、つまずくことを予告されたのです。
 そして、「わたしは羊飼いを打つ。すると、羊は散ってしまう」と、旧約聖書のゼカリア書13章7節の御言葉を引用して、その裏切りがあることを預言しています。ここで羊飼いは、イエス様のことであり、羊は弟子たちのことを指しています。つまり、父なる神は、良い羊飼いであるイエス様を十字架の死に追いやり、その時、従っていた弟子たちは皆バラバラ散ってしまうということです。
 しかし、一番弟子のペトロは、「たとえ、みんながつまずいても、わたしはつまずきません」と断言しました。イエス様は自信満々のペトロに対して、「はっきり言っておくが、あなたは、今日、今夜、鶏が二度鳴く前に、三度わたしのことを知らないと言うだろう」と言われます。
 それに対して、ペトロはますます、力を込めて「たとえ、御一緒に死なねばならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決して申しません」と言い張ります。でも、人はどんなに心で決心していても、やがてやってくる弱さを隠しきれませんでした。ペトロも例外ではありませんでした。
 ペトロは、大祭司の家の中庭で、「そんな人は知らない」と、再三言ってしまったのです。しかし、イエス様は今日の箇所において、つまずきや裏切りを予告しただけではなく、そのつまずきを乗り越える道をも、約束しています。
 「しかし、わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」(28節)。弟子たちにとって、ガリラヤはイエス様と出会った場所です。そこに復活のイエス様が再び行ってくださり、弟子たちを立ち直らせてくださるのです。
 そして、主イエスにつながって、信仰を持って歩むように導いてくださるのです。

2020年8月23日信徒奨励「大きな喜び」

○HK姉 ヨハネによる福音書3章16節

 私は神様に守られながら受洗から50年がたちました。
 私の家は、クリスチャンは母一人でしたが、キリスト教はごく身近なものでした。
 中学生のとき、佐倉教会に導かれ、友達とのおしゃべりや、支区の中高生会など楽しい思い出です。知らず知らずのうちに養われていったのでしょう。
 20才になったとき、牧師先生から「そろそろいいでしょう」と言われ、何の疑問もなく当たり前のように「はい」と応え受洗した、まことに素直な始まりでした。
 結婚後しばらくは教会から遠ざかってしまっていましたが、20数年ぶりに佐倉に戻ってきたときは自然に佐倉教会に導かれ、ほっとしたことを覚えています。
 礼拝に励まされ、教会員の方々との交わりに助けられながらも、それでも自分の頼りない信仰に悩んでいたとき、「捜索願い」と題された講演がありました。見失った1匹の羊のたとえです。
 迷子の羊であった私はイエス様に見つけ出され、神様のところへ連れ戻してくださり、それからずっと教会の群れにつなぎとめてくださっていたのだと、改めてその大きな恵みに気付かされました。そしてこんな頼りない私でも、神様は見つかったことをとても喜んでくださるのです。
 この50年の間にはいろいろありましたが、その度にイエス様に救い出していただき、共にいて支えてくださる幸いを思います。私たちを救うため、独り子をお与えくださった神様の深い愛に応え、差し伸べてくださる御手にすがりながら、歩み続けていきたいと思います。

2020年8月16日「主の晩餐」

〇金 南錫牧師 マルコによる福音書14章22ー26節

 本日の聖書箇所は、いわゆる「最後の晩餐」と言われている箇所です。この最後の晩餐の食事は、過越祭の食事がなされる夜、行われたので、過越の食事でもありました。
 しかし、イエス様は、このとき、過越の食事に新たな意味を持たせているのです。
 イエス様は賛美の祈りを唱えて、パンを裂き、弟子たちに与えました。しかし、ここでイエス様は、「取りなさい。これはわたしの体である」とおっしゃいました。
 さらに、杯を取り、感謝の祈りを唱え、弟子たちに渡します。そのときもイエス様は、「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」とおっしゃいました。つまり、イエス様は、過越の食事におけるパンと杯を、ご自身の体と血として、弟子たちに差し出されたのです。
 ところが、弟子たちは、イエス様が語っておられることがどういう意味なのか、よく分かりませんでした。イエス様は次の日に十字架にお架かりになったのです。弟子たちは皆逃げました。
 しかし、三日後にイエス様は復活され、逃げた弟子たちにその姿を現わされ、ご自身が誰であるか、どうして十字架にお架かりになったのか、そのことをはっきり教えられたのです。それ以来、弟子たちはイエス様が復活された日曜日に集まり、聖餐を守るようになったのです。
 教会はこの聖餐式を今日まで、守ってきました。イエス様の十字架の赦しと恵みを、思い起こし、心に刻んだのです。