2021年12月26日「ほんの数日のように」

○金 南錫牧師   創世記29章1-30節

ヤコブは旅を続けて、母リベカの故郷ハランの地までやってきました。そこで彼は、最初に井戸のところに向かいます。そこにラケルがやって来ます。ヤコブはラケルに、自分が彼女の父の甥に当たり、リベカの息子であることを打ち明けて、ラバンの家に招かれます(12、13節)。ヤコブがラバンの家に来て、一か月ほど経って、ラバンがヤコブにどんな報酬が欲しいか尋ねられ、ヤコブはラケルを愛していたので、「下の娘のラケルをくださるなら、わたしは七年間あなたの所で働きます」と申し出ます(18節)。ラバンはこの申し出を受け入れて、ヤコブは七年間ラバンに仕えます。「ヤコブはラケルのために七年間働いたが、彼女を愛していたので、それはほんの数日のように思われた」(20節)。この言葉には、ラケルと結婚できる喜びに胸をふくらませているヤコブの姿を伺うことができます。

ついに約束の七年が経ちました。ところが、ラバンは「我々の所では、妹を姉より先に嫁がせることはしないのだ」と言い、もう七年間仕えることを求めたのです(27節)。ここまでの出来事をみると、人生は計画した通りにはなかなかいかないものであることが分かります。しかし、そのような試練に対して、どうやって受け止めるのか、その姿勢が大切です。絶望して落胆すると、試練に陥ってしまいますが、信仰によって祈って、希望を失わない限り、いつかは良い日を迎えることができるのです。

2021年12月19日「さあ、ベツレヘムに行こう」

○金 南錫牧師  ルカによる福音書2章1-20節

 救い主の誕生は、最初に貧しい羊飼いたちに知らされました。彼らは羊の群れと一緒に、町の外で野宿をしていました。また、礼拝をする安息日にも、羊の番をしなければならなかったので、みんなから、羊飼いたちは救いから遠いと思われていました。その羊飼いたちに、天使たちが現れ、こう告げます。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」(10-11節)。羊飼いたちは「あなたがたのために」この言葉がとても嬉しかったでしょう。自分のことを見てくださるお方がおられることで、本当に嬉しかったと思います。

 天使たちの知らせを聞いた羊飼いたちは、立ち上がりました。「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」この言葉を聞いて、立ち上がったのです。そして、「さあ、ベツレヘムに行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合ったのです(15節)。では、今日のベツレヘムはどこでしょうか。御子キリストがおられる場所です。御言葉が語られる場所です。そこに教会があります。

2021年12月12日「天からの階段」

○金 南錫牧師  創世記28章10-22節

兄エサウが殺意さえ抱いていることを知ったヤコブは、エサウの怒りが治まるまで、母リベカの故郷に逃れることになります。「ヤコブはベエル・シェバを立ってハランへ向かった」(10節)。ヤコブはいよいよハランの地へと旅立ちました。とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことになったのです。近くにあった手ごろな石を取って、それを枕にして、横たわりました。石を枕とする自分自身を見ながら、さすがのヤコブも、自分の失敗や過ちに少しは目を向けていたかもしれません。神様はヤコブに、一つの夢を見せられました。天まで達する階段が地に向かって伸びていて、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしているのです。また、神様がヤコブの傍らに立って、こう言われました。「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない」(15節)。眠りから覚めたヤコブは、「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった」と言いました(16節)。ヤコブは一人孤独な旅に出ることになった時に、初めて神様に出会うことができたのです。

2021年12月5日「ヤコブの逃亡」

○金 南錫牧師  創世記27章30-28章9節

 エサウはおいしい料理を作って、お父さんのところへ持って来ます。そして「わたしのお父さん。あなた自身の祝福をわたしに与えてください」と言いました(30節)。ところが、イサクから「お前は誰なのか」と言われてしまいます。そこでイサクは初めてヤコブに騙されたことに気付きました。しかしイサクは、ヤコブに与えた祝福を取り消そうとしませんでした。むしろ、神の介入に対して恐れおののいたイサクは激しく体を震わせて「…実は、お前が来る前にわたしはみんな食べて、彼を祝福してしまった。だから、彼が祝福されたものになっている」と言っています(33節)。ここでイサクは、神の選びというのは、神様がお決めになることをはっきりと知りました。

 一方で、祝福を奪われたエサウは激しく泣きました。「祝福はたった一つしかないのですか。わたしも、このわたしも祝福してください。わたしのお父さん」と叫んで、懇願しました(38節)。それでも、イサクはヤコブへの祝福を変えることはしませんでした。騙されたことをわかったエサウは怒り狂って、ヤコブを恨み、殺そうとしました。そのことを知った母リベカはヤコブの命を救うために、彼女の兄ラバンのところに逃れさせようとしました。ヤコブの逃亡の始まりです。

2021年11月28日「祝福を奪い取ったヤコブ」

○金 南錫牧師  創世記26章34-27章29節

 イサクは年をとり、目がかすんできました。そこで長男のエサウを呼んで、最後の祝福を与えようとしました。ところがリベカは、次男のヤコブに祝福を受けさせようと策略を巡らします(5-17節)。ヤコブは母リベカに言われた通りに、エサウの晴れ着を着て、毛皮をまとって、美味しい料理をもって、お父さんのところに行きます。

 ヤコブが「長男のエサウです。どうぞ、わたしの獲物を召し上がり、祝福を与えてください」と言います。イサクはその息子を近寄らせて、「触って、本当にお前が息子のエサウかどうか、確かめたい」と言いました。イサクは触りながら、「声をヤコブの声だが、腕はエサウの腕だ」と言い、もう一度、「お前は本当にわたしの子エサウなのだな」と問うと、「もちろんです」とヤコブは答えます。ここに、うそや偽りなど、ヤコブが犯した間違いがありました。こうして、父親を欺いたヤコブが、神様の祝福を受けることになりました。

2021年11月21日「イサクの生き方」

○金 南錫牧師  創世記26章1-33節

  イサクは飢饉に遭い、約束の地カナンを出て、豊かなエジプトに逃れようとしました。その時に、神様はイサクに現れて、ゲラルの地に寄留することを命じました。また、「わたしはあなたの子孫を天の星のように増やし、これらの土地をすべてあなたの子孫に与える。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る」と約束されます(4節)。この約束に励まされて、イサクはエジプトには行かないで、ゲラルの町に滞在することになります。

  イサクはゲラルの町で非常に「豊かになり、ますます富み栄える」ようになります(13節)。ところが、ゲラルの王アビメレクは、イサクがどんなに嫌がらせを受けて、井戸を奪われても、別の場所に移って、黙々と井戸を掘り続けた姿を見ていました。そして、ますます栄えていく様子を見ていたのです。アビメレクは、神がイサクと共におられることをよく分かったのです。それで、平和条約を結ぶことを申し出ます。イサクはその申し出を受け入れて、契約を結びました。ここに争わずに、忍耐をもって、平和を実現するイサクの生き方が示されています。

2021年11月14日「なぜ、ヤコブなのか」

○金 南錫牧師  創世記25章19-34節

 イサクの妻リベカは身ごもりました。先に出てきた子は「赤くて、全身が毛皮の衣のようであったので」、エサウと名付けられました。一方その後に出てきた子は、先に出て来たエサウのかかとをつかんでいました。その様子から、「ヤコブ」と名付けられました。

 ある時、エサウが疲れきって野原から帰って来た時、弟ヤコブは天幕の中でレンズ豆の煮物をしていました。エサウはヤコブの煮ているうまそうな煮物を見るや否や、「そこの赤いものを食べさせてほしい」と要求します。それを聞いてヤコブは、すかさずこう言いました。「まず、お兄さんの長子の権利を譲ってください」(31節)。兄が持っている長子の権利と引き換えるなら、この煮物を与えると条件を出しました。エサウは「ああ、もう死にそうだ。長子の権利などどうでもよい」と答え、長子の権利をヤコブに譲ってしまいました。こうして、アブラハム、イサクと引き継がれていった神の祝福は、兄エサウではなく、弟ヤコブの方に流れていきます。

 しかし、ここで人によっては「なぜ、ヤコブなのか」と疑問を持つ人もいます。23節に「二つの国民があなたの胎内に宿っており、二つの民があなたの腹の内で分かれ争っている。一つの民が他の民より強くなり、兄が弟に仕えるようになる」とあります。この時、エサウもヤコブもまだ生まれていないのですから、エサウの何かが悪く、ヤコブの何かが良いという以前のことです。この時既に、神様は弟ヤコブが祝福を受けるようになることを語られました。ここに「神様の一方的な選び」というものがあります。

2021年11月7日「満ち足りた人生」

○金 南錫牧師  創世記25章1-18節

 アブラハムは、妻サラが亡くなった後、ケトラと再婚しました。このケトラとの間に6人の子どもたちが生まれます(2-4節)。また、彼には最愛の妻であったサラとの間に100歳の時に与えられたイサクがいて、その前にサラの女奴隷ハガルとの間にイシュマエルという息子がいました。それに、ケトラとの間に生まれた6人の子どもたちを合わせると、全部で8人の子どもたちがいたわけです。

 アブラハムはイサクに全財産を譲った時、他の7人の子どもたちにも贈り物を与え、彼らに十分な配慮をしました。そして、彼らを東の方に移住させ、イサクから遠ざけました。相続を巡って、兄弟の間で争いにならないように、元気なうちにこの問題に取り組んだのです。そうして、アブラハムは神様の祝福のバトンをイサクにしっかりと渡しました。

 神様は、そのようなアブラハムの人生を大いに祝福されます。「アブラハムの生涯は百七十五年であった。アブラハムは長寿を全うして息を引き取り、満ち足りて死に、先祖の列に加えられた」(7、8節)。アブラハムは満ち足りた晩年を迎えました。アブラハムは75歳の時に、あなたに召し出されて以来、100年間に亘り、神に導かれ、神に信頼し、神と共に歩んだ人生でした。その間、失敗や試練もありましたが、神様の声に聞き従ってきました。この神と共に生きたところに「満ち足りた人生」があると思います。