定例集会

○お知らせ
 10月4日の定例役員会において、新型コロナ・ウイルスの感染状況を踏まえ、改めて礼拝・諸集会の持ち方について協議を行いました。
 礼拝は、現状の短縮した形式を継続します。
 聖書・研究祈祷会、各会、家庭集会等の諸集会(注)は、10月も引き続き休止とします。
 なお、11月以降の礼拝・諸集会の持ち方については、11月8日の定例役員会において協議します。
 注:教会学校の礼拝、幼小科分級、中高科分級は再開しています。

 以下の感染予防策は、引き続き継続いたします。
・密集を避けるために、間隔を空けて座ります。
 座る位置を指定しますので、それに従ってお座りください。
 (会堂内は定員33名、ロビー・ラウンジは約10名となります。
 それ以上の場合は、2階集会室を使用します。)
・讃美歌、信仰告白、主の祈りは、控えめな声で行ないます。
・冷房中も窓と扉を開けて、換気を行ないます。
・出席者はマスクを着用してください。
 入口では手のアルコール消毒を行なってください。
 手洗いも励行して下さい。
・体調の悪い方は出席をご遠慮下さい。
 また、出席は無理をしないようにしてください。 


 教会の集会は、いつでもどなたでも、出席できます。
 キリスト教について知りたい方、疑問を抱いている方、ご自身の罪・過ち・弱さに悩み苦しんでおられる方・・・。
 是非教会にいらしてみて下さい。キリスト教を信じていなくても構いません。

○主日礼拝     毎週日曜日 午前10時30分
 毎日曜日の礼拝は、およそ次のような内容です。
・讃美歌  その日の説教に合った讃美歌などを歌います。
・詩編の交読  聖書の「詩編」の一つを、司式者と参列した会衆が交互に読みます。
・祈祷   司式者と説教者(牧師)が行ないます。
・聖書朗読 旧約聖書・新約聖書から、その日の説教の箇所を司式者が読みます。
・説教   牧師が聖書の内容に基づいて行います。
・奉献   神様への献げ物としての献金です。額は自由です。
・信仰告白 日本キリスト教団の信仰告白を一緒に読みます。
・主の祈り イエス・キリストが教えられた祈りを一緒に唱えます。

※初めて礼拝に出席される方は、受付でお申し出ください。
 プログラム(週報)をお渡しします。
 お分かりにならないことは、信徒がサポートします。
 聖書や讃美歌集(『讃美歌21』)をお持ちでない方にはお貸しします。

○教会学校・幼小科      毎週日曜日 午前9時15分
 子ども(幼児・小学生等)のための礼拝と分級を通じて、子どもたちが豊かに成長する機会としています。

○教会学校・中高科      毎週日曜日 午前9時45分
 若い時代に聖書から人生の大切なことを学びます。聖書を英語で読んでいます。英語を学びながら、聖書に親しみます。また、希望があれば学校教科の学習支援を行っています。

○聖書研究・祈祷会 毎週水曜日 午前10時30分
 聖書を学び、共に祈りを合わせる集会です。

○以上のほか、婦人会(第三日曜日12:30~)、麦の会(壮年会、第三日曜日12:30~)、青年会(第二日曜日12:00~)を開いています。
 どの集会もお気軽にご参加ください。