2019年4月7日「神が望んでおられること」

○金 南錫牧師
 テサロニケの信徒への手紙一5章16-18節

 本日の聖書個所において、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」と命じています。そして、これこそ「キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです」とあります。
 「望んでおられること」とは、原語では「テレイマ」と言って、神の「ご意志」と訳すことができます。つまり、私たちに対する神のご意志は「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」ということです。
 では、私たちはどのようにして、いつも喜ぶことができるでしょうか。それは、聖霊に満たされると、失敗のときも、誘惑のときもいつも喜ぶことができます。時間を超えて、いつも喜ぶことができるようになるのです。
 また、私たちは祈る生活をしながらも、祈りを休むことがあります。私たちは望んでいることが叶わなかったとき、落胆するようになるのです。しかし、祈りは感情的な問題ではなく、従順の問題であり、意志の問題です。神のご意志が「絶えず祈りなさい」ということなので、それに従って祈るわけです。祈りの人は一日の中で何回も変わってしまう感情を超えなければならないと思います。
 また、感謝の人となるためには、キリスト・イエスにおいて、状況を超えなければなりません。感謝の人はどんな状況に置かれても感謝することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です