2020年8月2日「ナルドの香油」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書14章1-9節

(音声メッセージを提供しています)

 過越祭と除酵祭の二日前になった時でした。祭司長たちや律法学者たちは、なんとか計略を用いてイエス様を捕らえて殺そうと考えていたのです。
 ところが、彼らは「民衆が騒ぎだすといけないから、祭りの間はやめておこうと言っていた」とあります(2節)。なぜでしょうか。それは、イエス様がこれまで様々な奇跡を行い、語る御言葉が力強く、民衆の心を捉えていたからです。
 そして、人がたくさん集まる祭りの時に、イエス様を捕らえようとすると、騒乱の事態になるだろうと、彼らは考えたのです。だから、祭りの間はやめようとしたのです。
 今日の聖書箇所は、この祭司長たちや律法学者たちに対比するように、3節からの出来事を記しています。この出来事は、「イエスがベタニアで重い皮膚病の人シモンの家にいて、食事の席に着いておられたとき」のことでした。
 そこに一人の女性が、非常に高価なナルドの香油が入った石膏の壺を持って来たのです。そして、それを壊し、その香油すべてをイエス様の頭に注ぎかけたのです(3節)。人々はその光景を見て、なんという無駄なことをしているのかと、彼女を厳しくとがめたのです。
 しかし、イエス様はこの女性の行為に対して、こう言われました。「するままにさせておきなさい。なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。…この人はできる限りの良いことをした」(6-8節)。
 では、私たちはイエス様に対して、どのようにかかわっているでしょうか。ナルドの香油は、私たち一人一人にも与えられているのです。私たちのささやかな奉仕であっても、感謝と献身の思いをもって、捧げる時に、主が共にいて、励ましてくださるのです。
 このことを覚え、最後までその信仰の道を全うしていくことができますように、祈ります。

2020年8月の主日聖書日課から

○列王記上 17章12節~16節
 彼女は答えた。「あなたの神、主は生きておられます。わたしには焼いたパンなどありません。ただ壺の中に一握りの小麦粉と、瓶の中にわずかな油があるだけです。わたしは二本の薪を拾って帰り、わたしとわたしの息子の食べ物を作るところです。わたしたちは、それを食べてしまえば、あとは死ぬのを待つばかりです。」エリヤは言った。「恐れてはならない。帰って、あなたの言ったとおりにしなさい。だが、まずそれでわたしのために小さいパン菓子を作って、わたしに持って来なさい。その後あなたとあなたの息子のために作りなさい。なぜならイスラエルの神、主はこう言われる。
 主が地の面に雨を降らせる日まで
 壺の粉は尽きることなく
 瓶の油はなくならない。」
 やもめは行って、エリヤの言葉どおりにした。こうして彼女もエリヤも、彼女の家の者も、幾日も食べ物に事欠かなかった。主がエリヤによって告げられた御言葉のとおり、壺の粉は尽きることなく、瓶の油もなくならなかった。

○ヨハネによる福音書 06章24節~27節
 群衆は、イエスも弟子たちもそこにいないと知ると、自分たちもそれらの小舟に乗り、イエスを捜し求めてカファルナウムに来た。そして、湖の向こう岸でイエスを見つけると、「ラビ、いつ、ここにおいでになったのですか」と言った。イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ。朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。父である神が、人の子を認証されたからである。」

○箴言 09章07節~10節
 不遜な者を諭しても侮られるだけだ。
 神に逆らう者を戒めても自分が傷を負うだけだ。
 不遜な者を叱るな、彼はあなたを憎むであろう。
 知恵ある人を叱れ、彼はあなたを愛するであろう。
 知恵ある人に与えれば、彼は知恵を増す。
 神に従う人に知恵を与えれば、彼は説得力を増す。
 主を畏れることは知恵の初め
 聖なる方を知ることは分別の初め。

○ヨハネによる福音書 06章43節~50節
 イエスは答えて言われた。「つぶやき合うのはやめなさい。わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない。わたしはその人を終わりの日に復活させる。預言者の書に、『彼らは皆、神によって教えられる』と書いてある。父から聞いて学んだ者は皆、わたしのもとに来る。父を見た者は一人もいない。神のもとから来た者だけが父を見たのである。はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている。わたしは命のパンである。あなたたちの先祖は荒れ野でマンナを食べたが、死んでしまった。しかし、これは、天から降って来たパンであり、これを食べる者は死なない。

○士師記 06章36節~40節
 ギデオンは神にこう言った。「もしお告げになったように、わたしの手によってイスラエルを救おうとなさっているなら、羊一匹分の毛を麦打ち場に置きますから、その羊の毛にだけ露を置き、土は全く乾いているようにしてください。そうすれば、お告げになったように、わたしの手によってイスラエルを救おうとなさっていることが納得できます。」すると、そのようになった。翌朝早く起き、彼が羊の毛を押さえて、その羊の毛から露を絞り出すと、鉢は水でいっぱいになった。ギデオンはまた神に言った。「どうかお怒りにならず、もう一度言わせてください。もう一度だけ羊の毛で試すのを許し、羊の毛だけが乾いていて、土には一面露が置かれているようにしてください。」その夜、神はそのようにされた。羊の毛だけは乾いており、土には一面露が置かれていた。

○ヨハネによる福音書 07章14節~17節
 祭りも既に半ばになったころ、イエスは神殿の境内に上って行って、教え始められた。ユダヤ人たちが驚いて、「この人は、学問をしたわけでもないのに、どうして聖書をこんなによく知っているのだろう」と言うと、イエスは答えて言われた。「わたしの教えは、自分の教えではなく、わたしをお遣わしになった方の教えである。この方の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものか、わたしが勝手に話しているのか、分かるはずである。

○ヨブ記 28章23節~28節
 その道を知っているのは神。
 神こそ、その場所を知っておられる。神は地の果てまで見渡し
 天の下、すべてのものを見ておられる。
 風を測って送り出し
 水を量って与え
 雨にはその降る時を定め
 稲妻にはその道を備えられる。
 神は知恵を見、それを計り
 それを確かめ、吟味し
 そして、人間に言われた。
 「主を畏れ敬うこと、それが知恵
 悪を遠ざけること、それが分別。」

○ヨハネによる福音書 07章40節~44節
 この言葉を聞いて、群衆の中には、「この人は、本当にあの預言者だ」と言う者や、「この人はメシアだ」と言う者がいたが、このように言う者もいた。「メシアはガリラヤから出るだろうか。メシアはダビデの子孫で、ダビデのいた村ベツレヘムから出ると、聖書に書いてあるではないか。」こうして、イエスのことで群衆の間に対立が生じた。その中にはイエスを捕らえようと思う者もいたが、手をかける者はなかった。

○出エジプト記 34章04節~09節
 モーセは前と同じ石の板を二枚切り、朝早く起きて、主が命じられたとおりシナイ山に登った。手には二枚の石の板を携えていた。主は雲のうちにあって降り、モーセと共にそこに立ち、主の御名を宣言された。主は彼の前を通り過ぎて宣言された。「主、主、憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者。」モーセは急いで地にひざまずき、ひれ伏して、言った。「主よ、もし御好意を示してくださいますならば、主よ、わたしたちの中にあって進んでください。確かにかたくなな民ですが、わたしたちの罪と過ちを赦し、わたしたちをあなたの嗣業として受け入れてください。」

○ヨハネによる福音書 08章03節~11節
 そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか。」イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

出所:聖書日課編集委員会編集「日毎の糧2020」(日本キリスト教団出版局、2019年12月1日発行)より作成

2020年7月26日「目を覚ましていなさい」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書13章32-37節

(音声メッセージを提供しています)

 マルコによる福音書13章は、イエス様が弟子たちに最後の教えとして、世の終わりの時について語られたところです。この後、イエス様は捕らえられて、十字架に掛けられますが、その出来事の中で、弟子たちは何が起こっているのか理解できず、ただ恐れて、イエス様を見捨てて逃げてしまいました。
 また、イエス様がゲツセマネの園で悲しみ苦しんで祈っている間、弟子たちは眠ってしまいました。「目を覚ましていなさい」と言われたのに、眠ってしまったのです。本日の箇所においても、「目を覚ましていなさい」という御言葉が三回にわたって語られています。
 今日の聖書箇所の最初のところで、イエス様はこう言われます。「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。」
 ここでの「子」とは、イエス様のことを指しています。イエス様はいつ終末が来るのか、そのことはだれも知らないし、自分さえも知らないと、ここで断言されています。大切なのは、神様だけが御存じである終末の時は必ず来るから、「目を覚ましている」ことです。
 「目を覚ましていなさい」。この目は、主を見上げようする信仰の目のことです。私たちが毎週、礼拝を守っているのは、主の日から始まる一週間を目覚めていたいからです。そうしないと、様々なものに惑わされ、信仰の目が閉ざされてしまうのです。
 私たち一人一人が、信仰の目を覚ましつつ、生涯を主に向かって、一歩一歩歩んでいけますように、祈り願います。

2020年7月19日「滅びないもの」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書13章28-31節

(音声メッセージを提供しています)


 聖書の言葉の中、「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」という御言葉があります(詩編119編105節)。
 ここで、御言葉は道の光、歩みを照らす灯ですから、私たちが人生の暗黒の夜の中に入ってしまって、行く先が分からなくなったときでも、御言葉はその答えを与えてくれます。
 本日の聖書箇所においても、どんな時、どんな時代にも決して滅びない神の言葉について、記されています。
 「いちじくの枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる」(28節)。
 イエス様は、いちじくの枝が柔らかくなって、葉が伸びると、夏がもうすぐやってくることを知っているでしょう、と言われるのです。イスラエルの人はこういう知恵をよく知っていました。しかし、ここでイエス様が言われているのは、信仰に関する知恵です。
 「それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい」(29節)。
 ここで「これらのこと」とは、世の終わりには様々な苦しみが起こり、偽預言者や偽メシアが現れ、多くの人が惑わされることです。イエス様は、そのような世の終わりのしるしがあったならば、人の子、即ち、主イエスが戸口に近づいていると悟りなさいと語られ、「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」と語っておられます。
 聖書は神の言葉であり、どんな時代にも残り、私たちの道を照らす人生の灯です。

2020年7月12日「人の子が来られる日」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書13章24-27節

(音声メッセージを提供しています)

 「その時、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗ってくるのを、人々は見る」(26節)。
 ここで「人の子」とは、イエス様が御自分のことを言われた言葉で、イエス様ご自身が再び雲に乗って来ると宣言されました。ここに記されている「雲」という言葉は、黙示的な表現で、神の臨在を表す言葉でした。イエス様が神の御子として来られたように、やがて再びやって来られる、しかも、神の臨在としてやって来られるという意味が、この「雲」という言葉の中に込められているのです。
 続いて、イエス様は世の終わりの日には、「太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる」ことを、語っておられます(24、25節)。これも黙示的な表現で、終末の日に、神の裁きが明らかになることを語っているのです。
 初代教会は、この終末の日がもうじき、やってくると信じておりました。だからこそ、イエス様が再びやって来られる再臨への信仰は、迫害下で苦しむクリスチャンたちへの、大きな励ましとなりました。
 ですから、どんな苦しみの中におかれようとも、「主イエスよ、来てください」即ち、「マラナタ」の祈りがある限り、いつの日か、主がやって来られて、私たちに完全な救いを与えてくださることに、希望をもって、今を生きようとしたのです。

2020年7月5日 洗礼式

 コロナ・ウイルス感染防止対策による集会自粛により、延期されていた洗礼式が行われました。
 コロナ問題で閉塞感がある中、教会にとりとても明るい出来事となり、一同感謝でした。
 兄弟がこれから主とともに喜びと確信に満ちて歩まれるよう祈ります。

出席者にとり、喜びと感謝の洗礼式でした

2020年7月5日「気をつけていなさい」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書13章14-23節

 イエス様がオリーブ山で神殿の方を向いて座っておられ、世の終わりの前兆、終末のしるしを語っておられました。今日の箇所では、それについてさらに詳しく語っておられます。
 最初の14節に「憎むべき破壊者が立ってはならない所に立つのを見たら―読者は悟れ―、そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい」とあります。
 この預言の中で、イエス様は「山に逃げなさい」と言われます。そして、逃げるときの具体的なことまで語られています(15-18節)。
 ここで「祈りなさい」という言葉で終わっているのは、とても意味あることだと思います。現在、新型コロナウイルスの感染がなかなか収まらず、第二波の到来も心配されています。そんな中でも、私たちは神様に祈ることが許されています。恐れてばかりいても、始まりません。こういうときこそ、もっともっと祈らねばと思います。
 続く19節から20節では、世の終わりの前兆として、大きな苦難が来る。しかし、ご自分のものとして選ばれた人たちには、その大きな苦難も長くは続かないと、記されています。
 ところが、そのときにおいても、偽メシアや偽預言者が現れて、しるしや不思議な業を行い、できれば、選ばれた人たちを惑わそうとします。「だから、あなたがたは気をつけていなさい」と、イエス様は語っておられます。

2020年6月28日「終末のしるし」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書13章1-13節
 今日の箇所の始めに、イエス様がエルサレム神殿の崩壊を預言していますが(1-2節)、実際、紀元70年にはローマ軍によってエルサレムは陥落し、神殿は破壊されました。
 マルコによる福音書は紀元70年より少し前に書かれたと言われています。つまり、70年にエルサレム神殿がローマ軍によって破壊され、それによって終末が来ると信じられていたときに書かれたのです。
 すると、このマルコによる福音書において、福音とは、苦難に遭わないことではなく、終末が切迫して、全てが失われてゆこうとしている中で、何が本当に私たちを助け得るのかということになります。
 イエス様は10節で「しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない」と言われました。それは福音にこそ確かなものがあるということです。そして、その福音はほかではなく、キリストの十字架の出来事を指します。ですから、あのイエス・キリストの十字架にこそ終わりの日になお残る確かなものがあるというわけです。
 ですから、マルコによる福音書はこの十字架のキリストの許に来て、このキリストにつながり、そこにとどまりなさいと、語っているのです。

2020年7月の主日聖書日課から

○ヨナ書 04章05節~11節
 そこで、ヨナは都を出て東の方に座り込んだ。そして、そこに小屋を建て、日射しを避けてその中に座り、都に何が起こるかを見届けようとした。すると、主なる神は彼の苦痛を救うため、とうごまの木に命じて芽を出させられた。とうごまの木は伸びてヨナよりも丈が高くなり、頭の上に陰をつくったので、ヨナの不満は消え、このとうごまの木を大いに喜んだ。ところが翌日の明け方、神は虫に命じて木に登らせ、とうごまの木を食い荒らさせられたので木は枯れてしまった。日が昇ると、神は今度は焼けつくような東風に吹きつけるよう命じられた。太陽もヨナの頭上に照りつけたので、ヨナはぐったりとなり、死ぬことを願って言った。「生きているよりも、死ぬ方がましです。」神はヨナに言われた。「お前はとうごまの木のことで怒るが、それは正しいことか。」彼は言った。「もちろんです。怒りのあまり死にたいくらいです。」すると、主はこう言われた。「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」

○エフェソの信徒への手紙 02章14節~22節
 実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。キリストはおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らせられました。それで、このキリストによってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです。従って、あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり、使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身であり、キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、主における聖なる神殿となります。キリストにおいて、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。

○ホセア書 14章05節~08節
 わたしは背く彼らをいやし
 喜んで彼らを愛する。
 まことに、わたしの怒りは彼らを離れ去った。
 露のようにわたしはイスラエルに臨み
 彼はゆりのように花咲き
 レバノンの杉のように根を張る。
 その若枝は広がり
 オリーブのように美しく
 レバノンの杉のように香る。
 その陰に宿る人々は再び
 麦のように育ち
 ぶどうのように花咲く。
 彼はレバノンのぶどう酒のようにたたえられる。

○使徒言行録 09章36節~42節
 ヤッファにタビタ――訳して言えばドルカス、すなわち「かもしか」――と呼ばれる婦人の弟子がいた。彼女はたくさんの善い行いや施しをしていた。ところが、そのころ病気になって死んだので、人々は遺体を清めて階上の部屋に安置した。リダはヤッファに近かったので、弟子たちはペトロがリダにいると聞いて、二人の人を送り、「急いでわたしたちのところへ来てください」と頼んだ。ペトロはそこをたって、その二人と一緒に出かけた。人々はペトロが到着すると、階上の部屋に案内した。やもめたちは皆そばに寄って来て、泣きながら、ドルカスが一緒にいたときに作ってくれた数々の下着や上着を見せた。ペトロが皆を外に出し、ひざまずいて祈り、遺体に向かって、「タビタ、起きなさい」と言うと、彼女は目を開き、ペトロを見て起き上がった。ペトロは彼女に手を貸して立たせた。そして、聖なる者たちとやもめたちを呼び、生き返ったタビタを見せた。このことはヤッファ中に知れ渡り、多くの人が主を信じた。

○ミカ書 07章18節、19節
 あなたのような神がほかにあろうか
 咎を除き、罪を赦される神が。
 神は御自分の嗣業の民の残りの者に
 いつまでも怒りを保たれることはない
 神は慈しみを喜ばれるゆえに。
 主は再び我らを憐れみ
 我らの咎を抑え
 すべての罪を海の深みに投げ込まれる。

○使徒言行録 24章14節~16節
 しかしここで、はっきり申し上げます。私は、彼らが『分派』と呼んでいるこの道に従って、先祖の神を礼拝し、また、律法に則したことと預言者の書に書いてあることを、ことごとく信じています。更に、正しい者も正しくない者もやがて復活するという希望を、神に対して抱いています。この希望は、この人たち自身も同じように抱いております。こういうわけで私は、神に対しても人に対しても、責められることのない良心を絶えず保つように努めています。

○イザヤ書 43章10節~13節
 わたしの証人はあなたたち
 わたしが選んだわたしの僕だ、と主は言われる。
 あなたたちはわたしを知り、信じ
 理解するであろう
 わたしこそ主、わたしの前に神は造られず
 わたしの後にも存在しないことを。
 わたし、わたしが主である。
 わたしのほかに救い主はない。
 わたしはあらかじめ告げ、そして救いを与え
 あなたたちに、ほかに神はないことを知らせた。
 あなたたちがわたしの証人である、と
   主は言われる。わたしは神
 今より後も、わたしこそ主。
 わたしの手から救い出せる者はない。
 わたしが事を起こせば、誰が元に戻しえようか。

○使徒言行録 27章33節~38節
 夜が明けかけたころ、パウロは一同に食事をするように勧めた。「今日で十四日もの間、皆さんは不安のうちに全く何も食べずに、過ごしてきました。だから、どうぞ何か食べてください。生き延びるために必要だからです。あなたがたの頭から髪の毛一本もなくなることはありません。」そこで、一同も元気づいて食事をした。船にいたわたしたちは、全部で二百七十六人であった。十分に食べてから、穀物を海に投げ捨てて船を軽くした。

出所:聖書日課編集委員会編集「日毎の糧2020」(日本キリスト教団出版局、2019年12月1日発行)より作成

2020年6月21日「主にささげる喜び」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書12章41-44節

 41節に「イエスは賽銭箱の向かいに座って、群衆がそれに金を入れる様子を見ておられた」とありますが、これはエルサレム神殿の中の「婦人の庭」というところで、そこには十三の賽銭箱がありました。そこに大勢の金持ちがたくさんの献金を入れました。ところが、42節に「一人の貧しいやもめが来て、レプトン銅貨二枚」を入れました。
 レプトン銅貨は、当時最も小さな貨幣価値の青銅貨でした。朝から晩まで、大勢の人がやって来て、お金を投げ入れる場所ですから、この貧しいやもめが、わずかな献金をしたことを気に留める人は、そこにはいませんでした。
 でも、イエス様は彼女のことを見ておられました。やもめがどんな思いで献金をしているのか、見ておられたのです。そして、弟子たちを呼び寄せてこう言われました。
 「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた。皆は有り余る中から入れたが、この人は、乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたからである」(43、44節)。
 レプトン銅貨二枚というわずかな献金が、イエス様の眼差しを通して、限りなく価値あるものに変えられていたのです。
 では、イエス様はこのやもめの何をご覧になって、「だれよりもたくさん入れた」とおっしゃったのでしょうか。神様に対する思い、神様に対する信頼がだれよりもたくさんあることを、イエス様は受け止めておられたのです。