2021年1月31日「人間の創造」

○金 南錫牧師 創世記1章26-31節

(音声メッセージを提供しています)

 六日間の天地創造のクライマックスは、人間の創造でありました。今までは、まず神様が言葉によって命令し、その言葉通りのことが実現され、神様がそれを見て良しとされたという創造でした。ところが、人間の創造においては、神様がまずご自分に向かって問いかけることから始まるのです。「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」(26節、27節)。

 私たち人間は神にかたどって創造された「神のかたち」です。つまり、人間の創造には、神の深い愛が行われているということです。その第一が「神にかたどって創造された」とあることです。ここで「神にかたどる」というのは、神の人格に近いものとして創造されたということです。即ち、神と人間とはお互いに交わりができるように造られたということで、それが人間の尊厳につながります。

 27節において、「神にかたどって創造された」ということが、「男と女に創造された」と言い直されているのです。このことは、男も女も神にかたどって造られたことで、男の中にも女の中にも、神様は等しくご自分のかたちを刻み込んでおられるのです。ですから、男も女もそれぞれに神のかたちを指し示していることを心に留めていただきたいと思います。28節に、神様は人間を創造された後、彼らを祝福して言われました。「神は彼らを祝福して言われた。『産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。』」

 ここで神様は、人間に向かって生き物をすべて「支配せよ」と祝福してくださいました。聖書協会共同訳では、「治めよ」と訳されています。神様は創造された人間に「産めよ、増えよ、地に満ちよ」と祝福してくださり、あらゆる生き物を「治めよ」と言われました。ここで神様が求めておられることは、人間が神の代わりに、権限をいただいて、生きるすべてのものを治めることで、あくまでも、神から管理を委ねられたということです。しかし、私たち人間ははたして、そのような神様の期待に応える歩みをしてきたか、ということを問わざるを得ません。むしろ、人間は、あたかも自分がこの自然界における主人であるかのように振る舞い、人間が自然破壊の最たるものと言われるようになりました。聖書は人間もほかのすべての生き物と共に、神によって創造された被造物であると語りかけているのです。ですから、私たち人間はただ、神様が創造し、育んでくださったこの自然界と共に、謙虚に生きる被造物であることを忘れてはいけません。

 最後の31節に、「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。『見よ、それは極めて良かった。』夕べがあり、朝があった。第六の日である。」とあります。天地万物を創造された神の業は、「極めて良かった」のです。これが神様の造られた世界です。