2024年6月30日「沈黙するイエス」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書23章1-12節

当時のユダヤはローマ帝国の支配下にあって、自分たちの裁判で死刑を決定しても、ローマが有罪を認めなければ、執行できませんでした。そこで最高法院の全会衆は、ユダヤ総督であるピラトに訴える必要がありました。彼らはイエスをこう訴え始めました。「この男は我が民族を惑わし、皇帝に税を納めるのを禁じ、また自分が王たるメシアだと言っております。」

これを受けて、ピラトはイエスを尋問します。「お前がユダヤ人の王なのか。」それに対して、イエス様は「それは、あなたが言っていることです」とお答えになりました。イエス様は肯定も否定もしないのです。この時、イエス様は人間の言葉を耐え忍び、ご自分の口を閉ざされ、父なる神様に心を向けておられました。そして、神様がなそうとしておられる御心を見つめて、十字架への道を歩んでおられたのです。私たちの罪の赦し、救いの御業は、イエス様がこのように沈黙して耐え忍び、実現してくださったものなのです。

2024年6月23日「神の子イエス」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章63-71節

夜中に逮捕されたイエス様は、大祭司の家で、夜が明けるまでの時間、見張りの人たちから、侮辱されたり、目隠しをされ「お前を殴ったのはだれか。言い当ててみろ」と馬鹿にされたのです。夜が明けると、今度は、民の長老会、祭司長たちや律法学者たちが集まりました。そして、イエス様を最高法院に連れ出します。「お前がメシアなら、そうだと言うがよい。」最高法院の人たちは最初から、イエス様がメシア、救い主であることを思っていませんでした。ただ神を冒涜した罪で、イエスを有罪にするために、「そうだ」という答えを言わせたいだけです。イエス様は答えます。「わたしが言っても、あなたたちは決して信じないだろう。わたしが尋ねても、決して答えないだろう。しかし、今から後、人の子は全能の神の右に座る。」最高法院の人たちはさらに尋問するのです。「では、お前は神の子か。」イエス様は答えます。「わたしがそうだとは、あなたたちが言っている」そう言われたのです。

2024年6月16日「振り向かれる主」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章54-62節

ペトロは、イエス様に従っていくことにおいて、自分が一番だと、誰よりも自信を持っていました。でもイエス様はそのペトロに対して、言うのです。「ペトロ、言っておくが、あなたは今日、鶏が鳴くまでに、三度わたしを知らないと言うだろう。」その通りにペトロは、三度イエス様のことを知らないと言ってしまいました。

その時に、「主は振り向いてペトロを見つめられた。」鶏が鳴いたその瞬間、主は振り向いて、ペトロを見つめられたのです。そのイエス様のまなざしを見たペトロは、数時間前のイエス様の言葉「ペトロ、言っておくが、あなたは今日、鶏が鳴くまでに、三度わたしを知らないと言うだろう。」この言葉を思い起こし、自分が何をしたのか、そのことに気づきます。そして、外に出て、激しく泣いたのです。教会はペトロのように、主イエスを裏切り、失敗し、挫折する罪人の集まりです。だから、互いに信仰が無くならないように祈るのです。

2024年6月9日「起きて祈っていなさい」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章39-53節

「誘惑に陥らないように、起きて祈っていなさい。」弟子たちは、これからやってくる出来事、イエス様の逮捕や苦しみ、あるいは自分たちにかかって来る困難を前にして、悲しみの果てに、眠り込んでいたのです。しかし、イエス様はご自分の十字架を前にして、ひざまずいて祈っておられたのです。誘惑に勝つためには、神様に祈るしかないのです。

「起きて祈っていなさい。」悲しみの中で、苦しみの中で、眠り込んでしまう弱い私たちを、主イエスが呼び起こしてくださるのです。この世界は、十字架の主イエスが、救い出してくださった世界です。だから、苦しみ、悲しみの中に逃げ込んでいてはいけないのです。私たちが為すべきことは、この神様の救いの中で、目を覚まして、祈ることです。

2024年6月2日「祈ってくださるイエス」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章31-38節

イエス様は、シモンペトロや、弟子たちに向かって、間もなくサタンのふるいにかけられ、信仰が試されることを予告なさいます。すると、シモンペトロは「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております。」つまり、最後までイエス様に従いますと覚悟したのです。でもイエス様は、ペトロの信仰が簡単に吹き飛んで、無くなってしまうことを見抜いておられました。ですから、「ペトロ、言っておくが、あなたは今日、鶏が鳴くまでに、三度わたしを知らないと言うだろう」と予告なさったのです。

「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」イエス様はペトロが立ち直ることを信じて、祈ってくださったのです。その執り成しの祈りによって、ペトロは後に立ち直って、兄弟たちを励ますことになります。同じように、私たちがどんな試練に会っても、主イエスは私たちが立ち直ることを信じて、祈ってくださるのです。

 

2024年5月26日「仕える者のように」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章24-30節

「しかし、見よ、わたしを裏切る者が、わたしと一緒に手を食卓に置いている。」このイエス様の言葉を聞いた弟子たちは、自分たちのうち、一体だれがそんなことをしようとしているのかと、互いに議論をし始めました。そして、この議論はいつの間にか「自分たちのうちでだれが一番偉いだろうか」という議論に変わっていきました。

イエス様は弟子たちに対して「あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい」とおっしゃいました。それでは、なぜ、上に立つ人は仕える人のようにならなければいけないのでしょうか。それは、イエス様ご自身が弟子たちの中で、仕える人として歩んでくださったからです。

「上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。」これは自分の決意や覚悟によって、実現できることではないのです。本当に仕える人のようになるためには、まず、イエス様が私のすべての罪を背負って、私の代わりに死んでくださったことを心から受け入れた時に、私たちは仕える人となっていくのです。

2024年5月19日「過越の食事と主の晩餐」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書22章1-23節

イエス様は過越の食事の席に着いて、言われました。「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた。」イエス様は食卓を囲んでいる弟子たちに、ご自分が苦しみを受ける前に、共に過越の食事をしたいと切に願っていたのです。それは、神の国の完成が、御自分の十字架の死によって差し迫っていることを弟子たちに伝えたかったからです。

そして、その十字架による救いの恵みに、弟子たちを預からせるために、イエス様はパンと杯を取り、それに新しい意味を持たせて分け与えてくださいました。「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」杯も同じようにして言われました。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。」(19-20)

最初の教会において、この最後の晩餐が、聖餐式として守られていました。私たちもこの聖餐式の時に、パンと杯に与り、信仰の決意を新たにしていきたいと思います。

2024年5月12日「目を覚ましていなさい」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書21章29-38節

21章5節から、世の終わりに起こる苦しみや迫害のことが記されています。そして、そうした出来事に直面すれば、人は恐れや不安に取りつかれてしまいます。そうような私たちに、主イエスは葉が茂ってきたら、夏が近いのを知るのと同じように、苦しみや迫害のことが起こるのを見たら、それは神の国が近づいている。つまり、私たちの救いの完成が近づいているというのです。

続いて32節、33節に「はっきり言っておく。すべてのことが起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」とあります。すべてが過ぎ去っても、滅びても、わたしの言葉、神の言葉は決して滅びないというのです。普通なら、天地は変わらないと思うのですが、イエス様はその天地すら滅びるとおっしゃいます。そして、決して滅びない、神の言葉のみに信頼して、歩みなさいというのです。

36節で、イエス様は滅びる者にならないように、もう一度この世に来られる主イエスの御前に立つ者として、祈りながら目を覚ましていなさいと教えています。

2024年5月5日「身を起こして頭を上げなさい」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書21章5-28節

「ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していた。」エルサレム神殿の巡礼に来た人たちは、神殿の壮大さや美しさを見て話していたのです。それを聞いたイエス様は「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る」と仰いました。すると、人たちは「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。また、そのことが起こるときには、どんな徴があるのですか」と問いました。

その問いに対して、イエス様は直接に答えずに、戦争や地震、飢饉や疫病などの苦しみが世の終わりに向かう歩みの中で必ず起こる。また、信仰のゆえに、迫害され、裏切られ、殺される、憎まれるという迫害について語っておられたのです。しかし、イエス様はそうした出来事の中でも、信仰者の歩みは終わることではなく、進んでいくのだと言われます。それが、27節、28節です。「そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。」