2019年6月23日「断食と新しい革袋」

○金 南錫牧師
 マルコによる福音書2章18-22節

 人は年をとるにつれて、古い考えに固定されてしまい、中々新しいことを試みようとはしません。ですから、固定観念を捨てなければ、新しく挑戦することはできないのです。
 私たちの信仰生活も同じです。固定観念のような古い考えを捨てるとき、新しく注がれる神の恵みを受けることができます。洗礼者ヨハネの弟子たちとファリサイ派の弟子たちはしばしば断食をしていました。ところが、イエスの弟子たちは断食をするどころか、しょっちゅう、徴税人や罪人と食べたり、飲んだりしているので、「なぜ、あなたの弟子たちは断食をしないのですか」と問うています。
 その問いかけに、イエス様はご自分を花婿に例え、「花婿が一緒にいるのに、婚礼の客は断食できるだろうか」と言われました。そして、「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ」と言われています(22節)。
 主イエスがこの世に来られたことによって、古い旧約は終わって、まったく新しい時代が始まったのです。ですから、福音を聞き、受け入れる私たちもまた、新しい革袋にならなければならないのです。そのために、固定観念や自分だけの狭い考えではなく、主イエスのしなやかさを持つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です