2021年9月19日「とりなしの祈り」

 

 ○金 南錫牧師  創世記20章1-18節

 アブラハムは今まで長く住んでいたヘブロンから更に旅を続けて、ネゲブ地方へ移りました。そして、カデシュとシュルの間にあるゲラルに住むようになりました。1節後半から2節に「ゲラルに滞在していたとき、アブラハムは妻サラのことを、『これはわたしの妹です』と言ったので、ゲラルの王アビメレクは使いをやってサラを召し入れた」とあります。どこかで見たことのある光景です。創世記12章10節以下を見ると、アブラハムが神の召しを受けて、故郷を離れ、カナンに来たすぐ後に、飢饉を逃れてエジプトに下ったことがありました。その時もアブラハムは、妻のサラに妹だと言ってくれと頼んだことがありました。サラの美しさのゆえに、夫だと分かると、自分は殺されるからというのです。その時、サラはエジプト王ファラオの宮廷に召し入れられます。それと同じように、今度はネゲブでアビメレクという王に同じことをやっているのです。ゲラルの王アビメレクは、アブラハムが「これはわたしの妹です」と言ったので、彼は使いをやってサラを召し入れました。

 ところが、その夜、神様が夢の中でアビメレクに現れ、「あなたは、召し入れた女のゆえに死ぬ。その女は夫のある身だ」と言われるのです(3節)。これに対して、アビメレクは、まだ彼女に近づいていなかったので、こう言いました。「主よ、あなたは正しい者でも殺されるのですか。彼女が妹だと言ったのは彼ではありませんか。また彼女自身も、『あの人はわたしの兄です』と言いました。わたしは、全くやましい考えも不正な手段でもなくこの事をしたのです」(4-5節)。ここで、アビメレクは、サラを召し入れたことに対して、アブラハムとサラ本人たちが偽ったからだと言っています。アビメレクはその心に何のやましさもないのです。それを主なる神が、認めています(6節)。

 さらに、アビメレクはアブラハムを呼んで言いました。「どういうつもりで、こんなことをしたのか」(10節)。この問いに対して、アブラハムは「この土地には、神を畏れることが全くないので、わたしは妻のゆえに殺されると思ったのです・・・」と自分の気持ちを率直に語りました(11-13節)。アブラハムの言葉を聞いたアビメレクは、彼の弁明を受け入れ、羊、牛、男女の奴隷などを取って、アブラハムに与えて、妻サラを返しました(14節)。そして、最後に「アブラハムが神に祈ると、神はアビメレクとその妻、および侍女たちをいやされたので、再び子供を産むことができるようになった」とあります(17節)。アブラハムは、異邦人の王アビメレクを通して、自分の弱さ、その偽りを露にされ、本来なら直ちにゲラルの地から追放されて然るべきです。さらに、彼自身も、もう逃げ出したいほど恥ずかしい思いをしているはずです。けれども、アブラハムは逃げることは許されません。神に選ばれた者、預言者としてしなければならないことがあるのです。それは、アビメレクと彼の宮廷に住む人々のために祝福を祈るということです。神は私たちを通して、世界を祝福し続けてくださるのです。