2021年5月2日「御心に留めて」

○金 南錫牧師 創世記7章17-8章5節

(音声メッセージを提供しています)

「洪水は四十日間地上を覆った。水は次第に増して箱舟を押し上げ、箱舟は大地を離れて浮かんだ」(17節) 。洪水は次第にすべてのものを飲み込んでいきます。その中で、ノアの箱舟は、洪水の水があふれればあふれるほど、より高く浮かびます。

 8章1節に「神は、ノアと彼と共に箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め、地の上に風を吹かせられたので、水が減り始めた」とあります。この箱舟には、行く先というものがなく、ただ大水の中に漂っているだけでした。しかし、神様はこの洪水の中に、ノアとその箱舟にいたすべてのものを「御心に留めて」いてくださいました。そして、「百五十日の後には水が減って、第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった」とあります(3、4節)。次第に水はひいて、ノアの箱舟はアララト山の頂に止まりました。ノアは何もできませんでした。ただ彼は、洪水の中で、この箱舟を御心に留めてくださる方がいるということを信じて、箱舟の中に踏み止まっただけです。そして、気がついたら、箱舟はアララト山の頂に着いていたのです。信仰生活も同様です。試練の中で、私たちを見守ってくださる方がいるということを信じて、また、信じるから待つのです。そして、あるとき気がつけば、今まで見たことがない高い世界に引き上げられている。これが私たちの信仰生活ではないでしょうか。

2021年4月25日「神が閉ざされ」

○金 南錫牧師 創世記7章1-16節

(音声メッセージを提供しています)

 本日の聖書箇所は、有名な「ノアの洪水」と呼ばれるところです。この洪水のことを、今日の11節に「ノアの生涯の第六百年、第二の月の十七日」という具体的な日付とともに、「この日、大いなる深淵の源がことごとく裂け、天の窓が開かれた」というふうに書かれています。すでに6章で見ましたように、この洪水は神の裁きでありました。地上に人の悪が増していて、人は常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になった神様が、地上に人を造ったことを後悔しました。そして、地上のすべてのものを滅ぼすことを決意なさったことによって起こった出来事、それが「ノアの洪水」であります。しかし、神様はその世代の中で、ノアを救いの担い手として選び出しました。

 1節に神様はノアに「あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい」と命じておられます。ノアはこの神の命令を真剣に受け止めて従っていきます。「ノアは、すべて主が命じられたとおりにした」とある通りです(5)。そして、ノア一家と動物たちが箱舟に入った後、「主は、ノアの後ろで戸を閉ざされた」のです(16)。今日の私たちもノアの箱舟に入った者として、私たちの後の戸を、主がしっかりと閉じてくださり、コロナ禍の中にも、私たち一人一人を守ってくださるように、祈り願います。

2021年4月18日「箱舟を造り」

○金 南錫牧師 創世記6章9-22節

(音声メッセージを提供しています)

 アダムとエバが、エデンの園から追放された以来、この地は神の前に堕落し、不法に満ちていました。その世代の中に、ノアだけは神に従う無垢な人であり、神と共に歩んでいました(9)。そこで、神はノアに言われました。「見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。あなたはゴフェルの木の箱舟を造りなさい」(13-14)。箱舟は「長さを三百アンマ、幅を五十アンマ、高さを三十アンマ」の3階建ての船であります(15)。1アンマは肘から中指の先までの長さで、約45センチです。そうすると、長さ135メートル、幅22.5メートル、高さ13.5メートルとなります。

当時、ノアの家族はこのような箱舟を造るには、どのくらいの期間がかかったのでしょうか。また、この世界が全部沈んでしまうような大洪水が、果たして起こるのか、常識では考えられないということで、誰も相手にする人はいなかったのです。その中、ノアの三人の息子とその妻たち、そして、ノア夫婦、8人だけで巨大な箱舟を造っていきました。山の森の中に大きな船を造っているノア一家は、おそらく世の笑いものになっていたのでしょう。しかしノアは神の言葉に従いました。ノアは、大洪水をもって、世界に満ちた悪をすべて滅ぼすという神の決意を真剣に受け止めたのです。

2021年4月11日「しかし、ノアは」

○金 南錫牧師 創世記6章1-8節

(音声メッセージを提供しています)

「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。」(5、6) ここで「悪」とは、アダムとエバ、カインとアベルのところに出てくる人間の悪、また、カインの子孫レメクの復讐心などのことを指しています。さらに、今日のところに出てくる「神の子ら」と「人の娘たち」による「ネフィリム」が産まれたことをも指していると思います。このように、人の悪は地に増していました。また、人は常に悪いことばかりを心に思い計っているのをご覧になった神様は、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛めました。なお、7節に「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する」とあるように、人間の悪は神に創造主としての業さえも、後悔させ、心を痛ませるほどに重いものでした。そのようにして、大洪水を起こされるのです。

「しかし、ノアは主の好意を得た」とあります(8)。神様は一人の義人、ノアを心に留めておられるのです。そして、ノアを救いの器として選び出し、新しい創造を始められるのです。時が良くても、悪くても、最善を為さる神を信じ、その神にすべてをゆだねて、神と共に歩んでいこうではありませんか。

2021年4月4日「神と共に歩む人生」

○金 南錫牧師 創世記5章1-32節

 「エノクは六十五歳になったとき、メトシェラをもうけた。エノクは、メトシェラが生まれた後、三百年神と共に歩み、息子や娘をもうけた。エノクは三百六十五年生きた。エノクは神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった」(21-24節) 。 ここで、エノクは地上で何をしたのか、どういう仕事をして、どういう業績を残したなど、何にも書かれていません。だた、エノクは神と共に歩んだのです。それだけが彼の人生について言える事柄でした。エノクは弱さと限界を持つ普通の人間でありました。しかし、そういう人間が、神と共に歩んだのです。

 エノクの人生を一言で言い表せば、「神と共に歩む人生」であります。私たち一人ひとりの人生を一言で言い表したら、どういうことになるでしょうか。「私は生涯家族のために、一生を過ごした」このような生涯も、それなりに意味があるに違いありません。しかし、「彼は神と共に歩んだ」と要約されるような生涯を送りたいものであります。今日から新しく始まる2021年度の歩みが、神と共に歩む信仰の歩みとなりますように、祈り願います。

2021年3月28日「主の御名を呼ぼう」

○金 南錫牧師 創世記4章17-26節

   弟アベルを殺したカインの子孫の中、「レメク」という人がいて、この人は「二人の妻をめとった」とわざわざ書いてあります(19)。これは男と女が対等に向き合って、互いに助け合う存在ではもはやないということを意味しています。こうやってレメクは、対等に向き合う隣人を失いました。そして、自分の妻たちに「わが声を聞け、わが言葉に耳を傾けよ。わたしは傷の報いに男を殺し、打ち傷の報いに若者を殺す」と言っています(23)。レメクは自分が傷を受けたら、相手を殺すと言うのです。それは、傷つけられたことは忘れない、赦さないということになります。

 しかし、アダムとエバの間に新しい子が生まれるのです。カインの子孫とは全く違う「セト」が生まれ、そのセトにも男の子が生まれました。「彼はその子をエノシュと名付けた。主の御名を呼び始めたのは、この時代のことである」(26)。人間はみんなレメクのように、傷つけられたことは忘れない、相手を赦さない、そういう社会がそこに生まれたのです。だから、主の御名を叫ばないではいられませんでした。私たちにできることは、主の御名を呼び始め、主からの赦しをいただくのです。それによって、私たちは罪赦され、今日からまた、新しい一歩を歩むことができます。

 

2021年3月21日「カインとアベル」

○金 南錫牧師 創世記4章1-16節

 エデンの園から追放されたアダムとエバに、二人の男の子が生まれました。最初の子はカイン、次の子はアベルと名付けられました。兄弟は成長して、兄カインは「土を耕す者」、弟アベルは「羊を飼う者」になりました。しかし、あるとき、彼らの間に悲劇が起こりました。

 二人はそれぞれの働きの成果を神に献げ物としました。ところが、この時、主なる神は弟アベルの献げ物に目を留められましたが、兄カインの献げ物には目を留められませんでした。なぜ神様はカインの献げ物を無視するような態度をお示しになったのでしょうか。創世記にはその理由が一切語られていません。ただ、カインについては「土の実り」を持ってきたとしか記されていないのに、アベルのほうは「羊の群れの中から肥えた初子を持ってきた」と丁寧に記されています。つまり、アベルは神への献げ物に対して、自分の持っている羊から選んだのです。肥えた初子を選んで神に献げました。それは、アベルが神に一番自分にとって大事なものを献げたという意味です。ですから、ある人は、献げ物をする二人の心のあり方に違いがあったのであろうと言います。つまり、献げ物の良し悪しよりも、そこに込められた心、その精神が問題になっていると思わざるを得ません。

 しかしカインは、なぜ神様がアベルだけを顧みられるのか理解できません。カインは「激しく怒って顔を伏せ」ました(5節)。そして、8節に「カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した」というところまで行なってしまいます。

 神様は弟アベルを殺したカインに「お前の弟アベルは、どこにいるのか」と尋ねます(9節)。しかし、カインは「知りません。わたしは弟の番人でしょうか」と答え、弟アベルとの関係を断ち切ります。私たち人間は他者との出会いの中で、自分になっていくことのできる存在です。ところが、カインのように「知りません」と言って、兄弟を否定する生き方は、人生が祝福されたものとなっていくことではなく、「呪われる者」となっていくことを示しています(11節)。また、12節に「土はもはやお前のために作物を産み出すことはない」とは、働いても、真の実りのない人生になってしますことを暗示します。さらに、兄弟を否定することで、相手を失い、自己破壊に向かっていくのです。「地上をさまよい、さすらう者」となっていくのです(12節)。

 14節で、カインは「わたしに出会う者はだれであれ、わたしを殺すでしょう」と嘆きますが、神様はカインに「いや、それゆえカインを殺す者は、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう」と、カインに出会う者がだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられます(15節)。このしるしは、カインが兄弟を否定し、殺してしまったというしるしであると同時に、それでも、そのような人間を、神様は守っているしるしです。

2021年3月14日「エデンからの追放」

○金 南錫牧師 創世記3章14-24節

 今日の聖書箇所では、すべてをご存じである主なる神が、アダムと女の言い逃れを聞いた後、蛇、女、男という順に裁きを宣告していきます。

 まず、主なる神は蛇に対して、14節に「このようなことをしたお前はあらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で呪われるものとなった。お前は、生涯這いまわり、塵を食らう」とお告げになりました。蛇の姿が不気味で、地面を這い回る様子は神に呪われたしるしであると、古代の人々は想像しました。また、15節に「お前と女、お前の子孫と女の子孫の間に、わたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く」とあるように、主なる神は、ご自分が創造なさった蛇が人間を誘惑し、罪を犯させた共犯者として断罪なさったことになります。

 次に、主なる神は女に向かって、16節に「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。お前は、苦しんで子を産む。お前は男を求め、彼はお前を支配する」とお告げになりました。女性に命を産み出す能力があるのは、祝福のしるしのはずです。しかしここに至って、妊婦の産みの苦しみは、女が罪を犯して神の裁きを受けた痕跡であり、しるしであると表現されています。最後に、主なる神はアダムに向かって、お告げになりました。17節から19節です。エデンの園を耕すことはアダムにとって喜ばしい労働でした。しかし、アダムが神の戒めを破って罪を犯してしまったとたんに、苦しみを伴うものになってしまいました。また、人間の罪によって土は呪われるものとなりました。それ以後、人間は茨とあざみが覆い茂る大地を苦労して耕す生活を余儀なくされたのです。また、「塵にすぎないお前は塵に返る」とあるように、神から「死」の宣告を受けています。

 このように、主なる神は神の戒めを破ったアダムと女に裁きを宣告していきます。しかし同時に、その中に神の恵み深い憐れみも込められているということに気づかされます。21節に「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた」とあります。神に背いた人間は、神に衣を作っていただく資格はありません。それにも関わらず、エデンの園から追放される直前に、主なる神がアダムと女のために、皮の衣を作って着せられることは、生命を与えられることでした。ここに神の恵み深い憐れみが込められていると言えるのではないでしょうか。

 22節から24節においても、エデンの園から追放されるアダムとエバに対する神の恵み深い憐れみが込められていると言えます。善悪を知る者となったアダムが「手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある」ので(22節)、主なる神は「彼をエデンの園から追い出し・・・命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた」のです(23、24節)。つまり、エデンからの追放の目的は、アダムとエバが命の木の実を食べ、永遠に生きることがないように、ということでした。もし私たちが罪のままの姿で永遠に生きる者になったら大変であります。今日の聖書箇所は「エデンからの追放」ですが、その追放も、神の恵み深い憐れみだったと考えられます。

2021年3月7日「どこにいるのか」

○金 南錫牧師 創世記3章8-13節

 アダムと女は、神が「食べてはならない」と言われた禁断の木の実を食べてしまいました。それまで二人は裸でいたのになんとも思いませんでしたが、今やお互いの前で自分を隠し合うようになりました。そして、神の顔をも避けるのです。「その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた」(8節)。ここには、エデンの園における主なる神と人間の交わりが、まさに神の足跡を聞き、その御顔を見ることができるような直接的なものだったことが示されています。しかし、この日、神の足音を聞いたアダムと女は、神の顔を避けて、神の前から身を隠すようになったのです(8節)。

 神様はアダムに声をかけられました。「どこにいるのか」(9節)。この言葉は「どこに隠れているのか」と怒って、人間に罰を与え裁くための声ではなく、アダムと女が神との関係でどこにいるのか、それについて、自己認識を促した神の愛の呼びかけでした。

 ところが、10節以下に記されたアダムと女の答えによれば、神の愛の呼びかけに応答する気配がありません。アダムは「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから」と答えました(10節)。ここでアダムは、神の戒めを破ったことを悔い改める言葉を一言も言っていないのです。「神様、私たちはあなたの戒めに背いてしまいました。どうかお赦しください」と赦しを乞うどころか、自分が裸であることが恥ずかしくて不安を感じているだけです。

 アダムが率直に自分の非を認めないのを見て、神様はもう一度アダムに尋ねました。「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか」(11節)。アダムと女が何をしたのか神様は全部知っておられましたが、それでも、すぐにそのことを叱りつけないで、二人が悔い改め、神の前に出ることを望んでおられました。

 しかし、アダムの答えは神の期待を裏切るものでした。12節をご覧ください。「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました」。アダムは悔い改めるどころか、「女が、木から取って与えたので、食べました」と、パートナーである女に責任転嫁をしています。しかも、アダムは妻だけに責任を転嫁しているのではありません。彼は「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が」という言い方によって、神様にも責任転嫁しようとします。「人が独りでいるのは良くない」と思って、アダムのために女を創られた神様は、アダムの言葉を聞いてどう思ったのでしょうか。ここに、自分の周りのせいにして、逃げる人間の本質が現れています。

 続いて、神様は「何ということをしたのか」と、女にも悔い改めるチャンスを与えようとされました(13節)。しかし、女も「蛇がだましたので、食べてしまいました」と、蛇に自分の罪を転嫁したのです。ここにも、罪の責任を他のせいにしたりして、あやまろうとしない、人間の罪深さがあります。

2021年2月28日「禁断の木の実」

○金 南錫牧師 創世記3章1-7節

 神様はエデンの園を設け、男と女を住まわせました。そこは、神の恵みが溢れているところで、とても幸せに暮らせるところです。ただ一つ大切なことを神様は言われました。創世記2章16節、17節です。「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」

 しかし、ここに人間を誘惑する「蛇」が女に近づいて、こう語りかけます。「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか」(1節)。聖書協会共同訳では「神は本当に、園のどの木からも取って食べてはいけないと言ったのか」と訳されています。つまり、神様は「園のすべての木から取って食べなさい」と言われたので、蛇は神様の言葉を逆にして語っていることが分かります。女も男も、この蛇の問いかけを聞くまでは、神や神の言葉について、何一つ疑うことをしませんでした。それに対して、「神は本当に・・・言ったか」と問いかけてくること、それが蛇のささやきでありました。

 では、女は蛇の問いかけにどう答えたでしょうか。2節、3節をご覧ください。「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」

 女の答えは、神様の言葉を微妙に変えています。まず神様が「食べてはいけない」と命じたのは、「善悪の知識の木」だけでしたが、女は「園の中央に生えている木」と言いました。さらに、神様が命じていない「触れてもいけない」という言葉を勝手に付け加えました。また、「必ず死んでしまう」という神の言葉を「死んではいけないから」と和らげて言い換えました。ここで「触れてもいけない」という表現は、神との関係性において、人間に一切の自由がないと受け止める姿勢を表しています。つまり、この時、女は神の命令を、自分を束縛する足かせのようにとらえています。

 女の神に対する信頼感が揺らいでいるのを見抜いた蛇は、一気に「決して死ぬことはない」と押し切ります(4節)。さらに神への不信感を受け付けるために、こう言いました。「それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ」(5節)。男と女は、神の命令を無視して、自分たちが善悪を知る者として、神のように振る舞う者となりました。それは、目が開けて「自分たちが裸であることを知る」ようになることでした(7節)。この表現は自分で自分を見るあり方を示しています。神との関係を断ち切り、自分で自分の存在を支え、絶えず自分から出発する人のあり方です。それは、あらゆる人間関係において、自己中心的な生き方の象徴として、まず自分を見、自分のことを考える人のあり方です。その結果として、互いの自己中心的なあり方に対して、「二人はいちじくの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとし」(7節)、自分からの存在を守る(身を覆う)必要に駆られることになりました。

 しかし、この自分が神のように振る舞って、すべてを自分中心に決定していくあり方は、6節に「女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた」とあるように、人間にとっては魅力的な生き方のように映るのだと思います。その生き方は、身近にいる男にも伝わっていくことになります。ここでは、神との関係性が壊れていく人間の自己中心的なあり方が、同時に人間同士の関係性をも壊していくものになっている現実を見事に描いています。