2021年10月10日「最大の試練」

○金 南錫牧師  創世記22章1-24節

神様がアブラハムに与えた試練は、愛する独り子イサクを「焼き尽くす献げ物としてささげなさい」という神の命令でした。長い間神から約束されて与えられた子どもなのになぜと、アブラハムの中に葛藤や疑問があったはずです。しかし、アブラハムは「次の朝早く」イサクと共に神の命じられた所、モリヤの地に向かって行きました。その時、イサクは「わたしのお父さん、火と薪はここにありますが、焼き尽くす献げ物にする小羊はどこにいるのですか」と尋ねます(7節)。イサクの質問は、アブラハムの胸をえぐるような問いでした。しかし、アブラハムの行動は最後まで揺らぎませんでした。

神が命じられた場所に着くと、アブラハムはイサクを縛って祭壇の薪の上に載せ、刃物を取って息子イサクを殺そうとしました。その時、主の御使いが「その子に手を下すな。何もしてはならない。あなたが神を畏れる者であることが、今、分かったからだ。あなたは、自分の独り子である息子すら、わたしにささげることを惜しまなかった」と言って、そこに雄羊を備えてくださったのです。アブラハムにとって、「ヤーウェ・イルエ、神は備えられる」この恵みを生涯忘れなかったのでしょう。

2021年10月3日「アビメレクとの契約」

○金 南錫牧師  創世記21章22-34節

アブラハムはアビメレクから、「神は、あなたが何をなさっても、あなたと共におられます」と言われたように、日常生活において尊敬される証を立てていました。ですから、アビメレクはアブラハムとの間に友好的な関係を築いておきたいと願うようになったのです。これに対して、アブラハムは応じます。27節にあるように、アブラハムは、羊と牛の群れを連れて来て、アビメレクに贈り、二人は契約を結びます。なお、この契約が結ばれたところを、「ベエル(井戸)・シェバ(七)」と呼ばれるようになりました(31節)。つまり、七頭の小羊がアブラハムの掘った井戸の証拠としてアビメレクに手渡されました。

最後の33、34節に「アブラハムは、ベエル・シェバに一本のぎょりゅうの木を植え、永遠の神、主の御名を呼んだ。アブラハムは、長い間、ペリシテの国に寄留した」とあります。アブラハムは井戸の所有権が認められたので、安心してベエル・シェバで住めるようになりました。その以後、このベエル・シェバは、アブラハムとイサクが活躍する舞台となりました。またアブラハムはそこで、「永遠の神、主の名を呼び」つつ、礼拝生活を始めました。その時、アブラハムは、神が共にいてくださる喜びを味わっていたでしょう。

2021年9月26日「イサクとイシュマエル」

○金 南錫牧師  創世記21章1-21節

今日の聖書箇所は、アブラハムとサラの間に約束の子が生まれたところから始まっています。いわゆるイサクの誕生です。1節、2節にあるように、主なる神は「約束されたとおりサラを顧み、さきに語られたとおりサラのために行われたので、彼女は身ごもり、年老いたアブラハムとの間に男の子を産んだ」のです。アブラハムが100歳、サラが90歳の時でした。聖書は、「それは、神が約束されていた時期であった」と記しています。

アブラハムは、生まれた子の名前を「イサク」と名付けました。イサクというのは「笑う」という意味で、イサクが与えられたことは、喜びの笑いをもたらす出来事でした。6節に、サラがこう言いました。「神はわたしに笑いをお与えになった。聞く者は皆、わたしと笑い(イサク)を共にしてくれるでしょう。」ここには、サラの喜びの声が充満して、サラが心から笑い、聞く者は皆、わたしと笑いと共にしてくれるでしょう、という喜びの笑いと、イサクという名は結びつくのだ、と言っています。また、サラは言いました。「誰がアブラハムに言いえたでしょう。サラは子に乳を含ませるだろうと。しかしわたしは子を産みました。年老いた夫のために」(7節)。ここには、私のような老人が子どもに乳を呑ませようとは、誰も思っていなかったでしょうが、子どもを産んで、乳を呑ませることができて、喜んでいる姿が目に浮かびます。

しかし、これでめでたしとはいきません。8節から10節までを見ますと、イサクが乳離れしたころ、サラは、自分の女奴隷ハガルがアブラハムとの間に産んだイシュマエルが、イサクをからかっているのを見て、夫アブラハムに「あの女とあの子を追い出してください。あの女の息子は、わたしの子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません」と訴えました。アブラハムは非常に苦しみました。イシュマエルも自分の子だからです。ここで、神様はアブラハムにサラに従うように命じます。12節、13節に「神はアブラハムに言われた。『あの子供とあの女のことで苦しまなくてもよい。すべてサラが言うことに聞き従いなさい。あなたの子孫はイサクによって伝えられる。しかし、あの女の息子も一つの国民の父とする。彼もあなたの子であるからだ』」とある通りです。

結局、アブラハムは苦しみつつも、ハガルとイシュマエル親子を自分のもとから追い出します。ハガルがパンと水の革袋を背負い、わが子を連れて出ていく姿は、想像するだけで切なくなります。途中、荒れ野でさまようハガルは、革袋の水が無くなると、瀕死の状態に陥ったイシュマエルを一本の灌木の下に寝かせ、 「わたしは子供が死ぬのを見るのは忍びない」と言って、少し離れたところに座り込みます。そして声をあげて泣いたのです(16節)。「荒れ野をさまよう」とは、行く先がないということです。イサクが生まれた瞬間から、ハガルもイシュマエルもこの地上に存在する意味、生きる理由を失いました。でも、神様はイシュマエルの泣き声を聞いてくださいました(17節)。イシュマエルという名前は、「神は(エル)、聞かれる(イシュマ)」という意味です。神様はイシュマエルの泣き声を聞かれました。彼の苦しみ、悲しみに目を向けてくださったのです。なぜなら彼もアブラハムの子として、アブラハムの祝福のうちにあるからです。

2021年9月19日「とりなしの祈り」

 

 ○金 南錫牧師  創世記20章1-18節

 アブラハムは今まで長く住んでいたヘブロンから更に旅を続けて、ネゲブ地方へ移りました。そして、カデシュとシュルの間にあるゲラルに住むようになりました。1節後半から2節に「ゲラルに滞在していたとき、アブラハムは妻サラのことを、『これはわたしの妹です』と言ったので、ゲラルの王アビメレクは使いをやってサラを召し入れた」とあります。どこかで見たことのある光景です。創世記12章10節以下を見ると、アブラハムが神の召しを受けて、故郷を離れ、カナンに来たすぐ後に、飢饉を逃れてエジプトに下ったことがありました。その時もアブラハムは、妻のサラに妹だと言ってくれと頼んだことがありました。サラの美しさのゆえに、夫だと分かると、自分は殺されるからというのです。その時、サラはエジプト王ファラオの宮廷に召し入れられます。それと同じように、今度はネゲブでアビメレクという王に同じことをやっているのです。ゲラルの王アビメレクは、アブラハムが「これはわたしの妹です」と言ったので、彼は使いをやってサラを召し入れました。

 ところが、その夜、神様が夢の中でアビメレクに現れ、「あなたは、召し入れた女のゆえに死ぬ。その女は夫のある身だ」と言われるのです(3節)。これに対して、アビメレクは、まだ彼女に近づいていなかったので、こう言いました。「主よ、あなたは正しい者でも殺されるのですか。彼女が妹だと言ったのは彼ではありませんか。また彼女自身も、『あの人はわたしの兄です』と言いました。わたしは、全くやましい考えも不正な手段でもなくこの事をしたのです」(4-5節)。ここで、アビメレクは、サラを召し入れたことに対して、アブラハムとサラ本人たちが偽ったからだと言っています。アビメレクはその心に何のやましさもないのです。それを主なる神が、認めています(6節)。

 さらに、アビメレクはアブラハムを呼んで言いました。「どういうつもりで、こんなことをしたのか」(10節)。この問いに対して、アブラハムは「この土地には、神を畏れることが全くないので、わたしは妻のゆえに殺されると思ったのです・・・」と自分の気持ちを率直に語りました(11-13節)。アブラハムの言葉を聞いたアビメレクは、彼の弁明を受け入れ、羊、牛、男女の奴隷などを取って、アブラハムに与えて、妻サラを返しました(14節)。そして、最後に「アブラハムが神に祈ると、神はアビメレクとその妻、および侍女たちをいやされたので、再び子供を産むことができるようになった」とあります(17節)。アブラハムは、異邦人の王アビメレクを通して、自分の弱さ、その偽りを露にされ、本来なら直ちにゲラルの地から追放されて然るべきです。さらに、彼自身も、もう逃げ出したいほど恥ずかしい思いをしているはずです。けれども、アブラハムは逃げることは許されません。神に選ばれた者、預言者としてしなければならないことがあるのです。それは、アビメレクと彼の宮廷に住む人々のために祝福を祈るということです。神は私たちを通して、世界を祝福し続けてくださるのです。

2021年9月12日「神の審判と救済」

○金 南錫牧師  創世記19章1-38節

ソドムの門の所に座っていたロトが、二人の御使いを見ると、急いで迎え入れようとします。ところが、二人の御使いははじめこれを辞退します。しかしロトは、ソドムの町の危険なことをよく分かっていました。ですから、何とか家に引き入れて、その上でもてなしたかったのです。ところが、ロトのところに来客があったことを聞きつけ、ソドムの男たちがやってきます。4節に「若者も年寄りもこぞって押しかけ、家を取り囲んで、わめきたてた」とあります。彼らはロトに向かって言いました。「今夜、お前のところへ来た連中はどこにいる。ここへ連れて来い。なぶりものにしてやるから」(5節)。ここで「なぶりものにする」とは、性的な意味で、男の同性愛のことを指しています。

ロトは、戸口の前にたむろしていた男たちのところに出て行き、「どうか、皆さん、乱暴なことはしないでください。実は、わたしにはまだ嫁がせていない娘が二人おります。皆さんにその娘たちを差し出しますから、好きなようにしてください。ただ、あの方々には何もしないでください」と言いました(7、8節)。

しかし、ソドムの男たちは「そこをどけ。こいつは、よそ者のくせに、指図などして。さあ、彼らより先に、お前を痛い目に遭わせてやる。そして、ロトに詰め寄って体を押しつけ、戸を破ろうとした」のです(9節)。そのときに、二人の客は、手を伸ばして、ロトを家の中に引き入れて戸を閉め、戸口の前にいる男たちに、目つぶしを食わせ、戸口を分からなくしました(10、11節)。このことを通して、二人の客がただの人ではなく、主なる神の御使いであることが示されます。

二人の御使いは、ロトにソドムの町が主によって滅ぼされることを告げます。同時に、その滅びから逃げるようにすすめました。ロトは娘たちの婿のところへ行き、「さあ早く、ここから逃げるのだ。主がこの町を滅ぼされるからだ」と促しましたが、婿たちは「冗談」だと思って、逃げないのです(14節)。このように、私たちもこの世界の終末や神の裁きについて、なかなか本気になることができないでいるのではないでしょうか。

いよいよソドムの地に神の審判がくだりました。夜が明けるころ、御使いたちはロトに「さあ早く、あなたの妻とここにいる二人の娘を連れて行きなさい。さもないと、この町に下る罰の巻き添えになって滅ぼされてしまう」と強く警告します(15節)。しかし「ロトはためらっていた」とあります。では、ためらっていた中途半端な信仰の者を、神様は何故、救おうとされるのでしょうか。その理由の一つは主の憐れみなのです。16節に「ロトはためらっていた。主は憐れんで、二人の客にロト、妻、二人の娘の手をとらせて町の外へ避難するようにされた」とあります。ロトの救いは、彼が強い信仰を持っていたからではなく「主は憐れんで」と書いてあるように、ただ主の憐れみによって与えられたのです。私たちの救いも同じではないでしょうか。ただ神様の憐れみによって救いの道が示され、神様に手を引かれてその道を歩み出し、神の裁きから救い出されるのです。

2021年9月5日「アブラハムの祈り」

○金 南錫牧師  創世記18章16-33節

 三人の旅人、即ち主なる神と二人の天使はアブラハムにイサクの誕生を約束され、そのあと、ソドムの方へ進んで行かれます。そして、神はその目的をアブラハムに明らかにされたのです。20節、21節に書いてあるように、神様は「ソドムとゴモラの罪は非常に重い」ことを指摘されました。そして、彼らの実態を調べるために現地を訪問しようとなさったのです。その時、アブラハムは、ソドムの町がその罪のゆえに滅ぼされないように、神に祈っているのです。そのことが、23節以下の神との問答です。23節から25節を見ますと、アブラハムは、最初、確かにソドムの町には悪い人もいるかもしれない、しかし、正しい人もいるはずであるということで、その両者を一緒に滅ぼすとは不正なことではないかと神に訴え出ています。神様はそれに対して、「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、その者たちのために、町全部を赦そう」と語ります(26節)。しかし、それに対して、アブラハムは町の滅びを回避するために、「もしかすると、五十人の正しい者に五人足りないかもしれません。それでもあなたは、五人足りないために、町のすべてを滅ぼされますか」と問います(28節)。そこで神は言います。「もし、四十五人いれば滅ぼさない」。また、さらに、40人、30人、20人ではと言い、最後に10人では、と問うのです。まことにねばり強い交渉であります。そして、アブラハムはついに「その十人のためにわたしは滅ぼさない」という神の言葉を引き出します(32節)。

 このアブラハムの神との交渉に示されていることは、私たちの祈りの姿勢に対する一つの大きなチャレンジであります。つまり、一度や二度では引き下がらない大胆さと、ねばり強さが問われています。アブラハムはそのような聖書的な祈りの最初のモデルであると言えます。

 では、アブラハムの「ねばり強い祈り」の原点は何でしょうか。それは、アブラハムが祈り始める直前に記されています。22節にこう記されています。「その人たちは、更にソドムの方へ向かったが、アブラハムはなお、主の御前にいた」。ここに「アブラハムはなお、主の御前にいた」と書いてありますが、最初のヘブライ語の原文を見ますと、アブラハムではなく、「主がなお、アブラハムの前にいた」となっています。英語の聖書でも(NLT)、同じように主なる神様が主語になって、「the Lord remained with Abraham」と訳されています。つまり、これは、アブラハムがまだ何もしていないのに、神様がそのアブラハムの前にあえて留まり、佇んで、アブラハムはどうするのか、待っている、神の姿を描いているのです。アブラハムは、目の前に立ちつくしておられる神様に、大胆に、ねばり強く祈ることができました。私たちも日々、その神様の御前に出て、ねばり強く祈り続けることができますよう、祈り願います。

2021年7月25日「信仰による義」

○金 南錫牧師 創世記15章1-6節

 アブラムは今まで神様から「あなたを大いなる国民にし、あなたの子孫にこの土地を与える」と繰り返し言われて来ました。しかし、その土地を受け継ぐ子どもが与えられるという神の約束は、なかなか実現しないので、年老いたアブラムは不安でした。神様はそのアブラムを外に連れ出し、空の星を見させるのです。そこには満天の星が輝いていました。そして神様はこう告げます。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。そして言われた。あなたの子孫はこのようになる」(5節) 。この神の言葉に、アブラムはもう一度、神様を信じて生きていこうと思いました。

 6節に「アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた」とあります。アブラムは、まだ一人の子どもも与えられていないのに、星のように、数えきれない子孫の繁栄を約束する主なる神を信じました。そのことが神によって義と認められたのです。ここで義と認められるというのは、「正しいと認められる」「良しとされる」ということです。今まで跡継ぎが生まれないということで、神に失望し、疑いの中に置かれていたのですが、アブラムは神を信じ、すべてを神に委ねます。これがアブラムの信仰であります。神様が良しとされた、義と認められた信仰なのです。

2021年7月18日「栄光はただ神に」

○金 南錫牧師 創世記14章17-24節

 アブラムがロトとその財産を取り返して、帰って来たとき、二人の王が出迎えました。その中、サレムの王であり、いと高き神の祭司であったメルキゼデクは、アブラムを祝福して「天地の造り主、いと高き神に、アブラムは祝福されますように。敵をあなたの手に渡された、いと高き神がたたえられますように」と言いました(19、20節)。メルキゼデクは、天地を創造された神の名においてアブラムに祝福を与えました。ところが、その祝福はアブラムがたたえられるのではなく、「敵をあなたの手に渡された、いと高き神がたたえられますように」と語られているのです。つまり、「栄光はただ神に」ということです。

 一方で、アブラムを出迎えたもう一人、ソドムの王はアブラムに「人はわたしにお返しください。しかし、財産はお取りください」と言いました。このソドムの王の提案に対して、アブラムは「あなたの物は、たとえ糸一筋、靴ひも一本でも、決していただきません。それは、『アブラムを裕福にしたのは、このわたしだ』と、あなたに言われたくありません」と言って、戦争に勝って戦利品を受け取る権利を放棄しました。それは、ただ神様の栄光を損ねることがないためでした。アブラムは「わたしは何も要りません・・・」と、神様の栄光だけを願ったのです(24節)。