2022年5月15日「ご安心ください」

○金 南錫牧師   創世記43章16-34節

父ヤコブの指示に従い、十一人の息子たちは贈り物と二倍の銀を携えて、ベニヤミンを連れて、エジプトへ下って行きました。ヨセフの執事は一同をヨセフの屋敷へ連れて行きました。ところが、兄たちはヨセフの屋敷へ連れて来られたので、自分たちが捕らえられ、ひどい目に遭い、奴隷にされてしまうにちがいないと恐れたのです。それで、彼らはヨセフの執事の前に進み出て、屋敷の入り口のところで話しかけました。「わたしどもは前に一度、食糧を買うためにここへ来たことがございます。ところが、帰りに宿で袋を開けてみると、一人一人の袋の口のところにそれぞれ自分の銀が入っておりました。しかも、銀の重さは元のままでした。それで、それをお返ししなければ、と持って参りました。・・・一体誰がわたしどもの袋に銀を入れたのか分かりません。」(20-22節)

 このように、兄たちはヨセフの執事に自分たちは何も悪いことはしていないと一生懸命言うのです。これに対して、執事は「御安心なさい。心配することはありません。きっと、あなたたちの神、あなたたちの父の神が、その宝を袋に入れてくださったのでしょう」と答えました(23節)。私たちはいつも多くの恐れと不安に取り囲まれています。その時、神様は「御安心なさい。恐れることはない」と私たちにも語りかけてくださるのです。