随想 大学生になりました

○ぶどうの枝第55号(2021年12月31日発行)に掲載(執筆者:KK)

 皆さんこんにちは。私は四月に印西市にある東京基督教大学という大学に入学しました。TCUと言った方がお分かりになる方も多いかもしれません。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大学での学びはオンライン中心となっていました。幸いなことにオンラインでの学びでも楽しく、また多くの友と仲良くなることができました。
 しかし、早く対面で皆に会いたいという気持ちも持ちながら過ごしていました。そして、七月頃に大学の方から八月から始まる秋学期には寮に入ることが許されるとの連絡をいただきました。入寮を目指し、期待をしながら準備を進めていました。しかしながら、再びコロナウイルスの感染が拡大し、秋学期からの入寮はかないませんでした。
 このように中々思うようにいかなかった大学生活ではありましたが、ついに十一月二十九日より入寮することができ、パソコンの画面上でしか見たことのなかった先生方や友と顔を合わせることができました。ですが、ご安心ください!寮に入っても佐倉教会に通うので皆様にも会えます♪まだ寮に入って数日しかたっておらず緊張が続いていますが、食堂で食べるご飯はとてもおいしく楽しく生活することができています。
 私がTCUでどのような勉強をしているのか、短くご紹介させていただきたいと思います。TCUは神学部の単科大学です。なので皆さんは聖書や神学をがっつり勉強していることを想像するのではないでしょうか。もちろんそのような勉強もすることになります。ですがそれだけではなく、教養科目も充実しています。私は秋学期に心理学の授業を受講しました。そこでは、発達心理学について学びました。人間の成長と心の関係について詳しく勉強することができとても楽しく、良い学びとなりました。
 また、「日本宗教論」という授業も受講しました。この授業は簡単にいうと日本における宗教はどのような意味を持つのか、そして神道や仏教のような宗教がどのようなものなのかを学ぶ授業です。クリスチャンである私が、それらの日本の文化的な側面を持つ宗教にどう関わっていけば良いのか深く考える機会を得ることができた楽しい授業でした。
 TCUでは聖書、神学はもちろんのこと、それ以外の教養科目も全てクリスチャンの先生方が教えてくださいます。冬学期からは、新約聖書に関する学びが始まるので全力で当たって砕けて、頑張ります。
 入学してから約八か月がたちました。あっという間でした。私をTCUへ導いてくださった神様に感謝し、これからも楽しく、一生懸命TCU生活を送っていきたいと思います。皆様、どうかTCUを覚えてお祈りいただければと思います。