2022年4月17日「御言葉から始まる復活信仰」

○金 南錫牧師   ルカによる福音書24章1-12節

婦人たちは、日曜日の明け方早く、準備していた香料を持ってイエス様の墓に急ぎました。ところが、墓に着いて見ると、石が墓のわきに転がしてあって、中にイエスの遺体は見当たりませんでした。彼女たちは途方に暮れていました。するとそこに輝く衣を着た二人の人、おそらく天使たちが現われて、「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか」と告げられ、「そこで、婦人たちはイエスの言葉を思い出した」とあります。彼女たちは天使たちの言葉によって、本当の意味でイエス様が御自分の死と復活を予告しておられたことを思い出したのです。また、その一部始終を11人の弟子たちや他の人皆に知らせたのです。今日の聖書箇所には、まだイエス様の復活の姿は現れません。代わりに、天使たちの「あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」というイエス様の復活の言葉だけが語られています。私たちも、復活のイエス様の姿を見ていません。しかし私たちの前には、聖書の御言葉があります。私たちにとって、復活信仰はその御言葉から始まります。