2021年2月21日「男と女」

○金 南錫牧師 創世記2章18-25節

 今日の聖書箇所のはじめに、神様は「人が独りでいるのは良くない」と言われました。この「良くない」という言葉は、人間本来のあり方ではないことを言います。それで、神様は「彼に合う助ける者を造ろう」と言われました。岩波訳では「彼と向き合うような助け手を造ってあげよう」と訳されています。つまり、神様はアダムが独りでいるのは、良くないと思って、彼と向き合うような助け手、パートナーを造って与えようとしました。

 しかし、人間として自分に合う本当の相手を見出していくことは、そんなに容易なことではありません。そこには、旅のような歩みがあります。「主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった」(19節)。神様は鳥や獣を造られました。しかし鳥や獣では、人間に合うパートナーとしては不十分でした。人間の相手は人間でなければならないのです。ここで「人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた」という表現は、人がそれらのものをどのように理解し受け止め、どのような関係を持つのかを描き、伝えています。つまり、「呼ぶ」とか「名をつける」ことは、そのものの本質を見抜いて、自分の生活の中に取り込んでいくことです。アダムは一つ一つ動物の特徴を見て、名前をつけましたが、自分と交わりを持つことができる存在を見つけることができませんでした。20節に「人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった」とある通りです。

 そこで、神様はアダムに合う助ける者として、女をお造りになりました。まず神様はアダムを深い眠りに落とされます。そして、アダムからあばら骨の一部を抜き取って、そのあばら骨で「女」を造られました。アダムは目を覚まし、彼女に出会って「これこそ、わたしの骨の骨、わたしの肉の肉」と歓声を上げたのです。それはアダムが彼女を妻とし、二人が信頼し合い、一つの体として生きる決意の表明でもあったのです。

 「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった」(24節、25節)。今日の聖書箇所は、結婚式の式辞によく読まれるところでもあります。結婚とは「自分の世界」の象徴である「父母」を離れ、「私」という単独の世界を出て、自分を支える存在である「あばら骨」と出会って、「私たち」という新しい自分になっていくことです。神様が私たちを「男と女」として造られたことは、お互いを必要としながら、他者と共に生きる存在として造られたことを意味します。私たちが、お互いを必要とする存在として造られたことに感謝して、人との交わりの中で、それぞれに祝福された道を共に進もうではありませんか。

2021年2月14日「命の息を」

○金 南錫牧師 創世記2章4-17節

  本日の聖書箇所から、人間の創造について新しい記事が始まります。創世記1章27節において、神様はすでに人間を創造されました。ところが、2章7節に、土の塵で造られた人間のことが改めて記されています。ですから、聖書学者たちは、この創世記がいくつかの時代の複数の著者によって、書かれたと言っています。

 聖書は確かに、神様が自分たちにどのように関わってくださったか、その言葉を、時代を超えて多くの人が受け継ぎ、纏められたものです。そこには長い年月と多くの時代背景があります。創世記が書かれた時代は、イスラエルの民が国の崩壊、バビロンへの捕囚、そして、捕囚からの解放を経験した後の時代です。つまり、この創世記の言葉を受け継ぎ、私たちの手元にあるような形にまとめていった人たちは、それぞれに人間の弱さ、罪を抱えていたと思いますが、その罪の結果として国の崩壊と捕囚を経験しているのです。その上で、自分たちは何者であるのかを問い、アイデンティティを再確認していったのです。

 その営みの中、彼らは、人間は一体どういう存在であるか、生きるとは何か、という問いとその答えである聖書の言葉を受けていったのです。そこでは、イスラエルの民の創造を示すのではなく、人間の創造を示しています。つまり、イスラエルの民に限定されるものではなく、すべての人は主なる神によって創造され、その存在の意味を与えられていることを語るのです。ですから、私たちと無関係ではないのです。すべての人に、この聖書の言葉は語りかけているのです。

 2章7節に「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」とあります。もし、皆さんは、人間とはどういう存在ですかと聞かれた時、どう答えるのでしょうか。聖書は、人間とは土の塵からできている存在であると語っています。どんな人も、葬儀をして火葬場に持っていくと、人の体は灰になります。灰になった人の骨を見ると「人間は本当に塵でできているんだな」と思います。ですから、私たちは死を意識して、どう生きるか、自分の生き方を考え続ける者なのです。

 神様は、土の塵に過ぎない私たちの体に、命の息を吹き入れられました。すべての人間は自分の力で生きているように見えますが、実は神によって生かされている存在です。ほかの動物や生き物も神によって、生きるものとされましたが、そこには「息」を吹き入れるような表現はありません。神様は人間にだけ命の息を吹き入れてくださったのです。それは、人間は神の息を受けて、生きる存在であることを示しています。神と共に生きる喜びの中で残された人生の歩みを進めて行こうではありませんか。

2021 年2月7日「安息」

○金 南錫牧師 創世記2章1-3節

 創世記2章に入りました。神様は六日間で、天地万物のすべてを創造されました。創世記1章を見ますと、神様は天と地とその中のすべてのものを創造され、六日目に人間を創造されました。創造主なる神様は、この世界やあらゆるいのちを創造され、今日の2章1節にあるように、天地万物を完成されたのです。そして、七日目には、神様はすべての働きを止めて休まれました。では、神様はなぜ七日目に休まれたのでしょうか。この「休む、シャバト」という言葉は、休憩するという意味ではなく、「働きを止める」という意味です。神様は天地創造の働きを止められました。それは、すべてが完成されたからです。

 2節、3節をお読みします。「第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。」

 神様は、七日目の日を祝福されました。なお、この七日目の日にはほかの日のように「夕べがあり、朝があった」という言葉が記されていません。これは、七日目の日が終わっていないことを意味します。神様が私たちに安息を与えるために制定された日は、今もなお続いているのです。つまり、今もなお、神様は私たちに安息を与えるために、この日を祝福し、聖別され、残しておられます。

 また、神様はこの七日目の日を聖別されました。「聖別する、カドーシュ」ということは、神様のものとして「取り分ける」ことです。それでは、何のために、安息日を神様のものとして取り分けるのでしょうか。モーセがシナイ山で、十戒を授かった時に、神様は「安息日を心に留め、これを聖別せよ」と命じられました。その理由は「六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別された」と告げています(出20:11)。つまり、神様が天地創造の時に、六日間ですべてを創造され、七日目に休まれた。この神の創造の御業を覚え、喜び祝う日として、安息日が定められているのです。

 しかし、聖書にはもう一つの安息日の由来が記されています。申命記5章12-15節です。「あなたはかつてエジプトの国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕を伸ばしてあなたを導き出されたことを思い起こさねばならない。そのために、あなたの神、主は安息日を守るよう命じられたのである」となっています(15節)。つまり、神の救いの御業を思い起こす日として、安息日が定められているのです。ですから、安息日の目的は、神様の創造の御業を覚えること、神の救いの御業を覚えること、この二つのことを覚えて、神様に感謝することです。

 天地創造の第七の日に、神はそのすべての業を完成して、休まれました。この日を神の日、安息日として祝福し、聖別されました。それは、安息なきの私たちを神の安息に招くためです。祝福された人生は、週の初めの日、聖日から始まります。

2021年1月31日「人間の創造」

○金 南錫牧師 創世記1章26-31節

 六日間の天地創造のクライマックスは、人間の創造でありました。今までは、まず神様が言葉によって命令し、その言葉通りのことが実現され、神様がそれを見て良しとされたという創造でした。ところが、人間の創造においては、神様がまずご自分に向かって問いかけることから始まるのです。「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」(26節、27節)。

 私たち人間は神にかたどって創造された「神のかたち」です。つまり、人間の創造には、神の深い愛が行われているということです。その第一が「神にかたどって創造された」とあることです。ここで「神にかたどる」というのは、神の人格に近いものとして創造されたということです。即ち、神と人間とはお互いに交わりができるように造られたということで、それが人間の尊厳につながります。

 27節において、「神にかたどって創造された」ということが、「男と女に創造された」と言い直されているのです。このことは、男も女も神にかたどって造られたことで、男の中にも女の中にも、神様は等しくご自分のかたちを刻み込んでおられるのです。ですから、男も女もそれぞれに神のかたちを指し示していることを心に留めていただきたいと思います。28節に、神様は人間を創造された後、彼らを祝福して言われました。「神は彼らを祝福して言われた。『産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。』」

 ここで神様は、人間に向かって生き物をすべて「支配せよ」と祝福してくださいました。聖書協会共同訳では、「治めよ」と訳されています。神様は創造された人間に「産めよ、増えよ、地に満ちよ」と祝福してくださり、あらゆる生き物を「治めよ」と言われました。ここで神様が求めておられることは、人間が神の代わりに、権限をいただいて、生きるすべてのものを治めることで、あくまでも、神から管理を委ねられたということです。しかし、私たち人間ははたして、そのような神様の期待に応える歩みをしてきたか、ということを問わざるを得ません。むしろ、人間は、あたかも自分がこの自然界における主人であるかのように振る舞い、人間が自然破壊の最たるものと言われるようになりました。聖書は人間もほかのすべての生き物と共に、神によって創造された被造物であると語りかけているのです。ですから、私たち人間はただ、神様が創造し、育んでくださったこの自然界と共に、謙虚に生きる被造物であることを忘れてはいけません。

 最後の31節に、「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。『見よ、それは極めて良かった。』夕べがあり、朝があった。第六の日である。」とあります。天地万物を創造された神の業は、「極めて良かった」のです。これが神様の造られた世界です。

2021年1月24日「天体と生物の創造」

○金 南錫牧師 創世記1章14-25節

 今日の聖書箇所は、天地創造の第四日目に天体を創造し、五日目に植物以外の生き物を創造されたところです。16節に「二つの大きな光る物」とありますが、これは太陽と月のことを指しています。古代の人たちは、太陽や月などは信仰の対象でもありました。しかし、聖書を書いたイスラエルの民は、太陽や月などは人間を含むあらゆる命あるもののために必要なものだと考えていたのです。このことは、彼らの信仰の素晴らしさを語っています。つまり、太陽や月星は、拝む信仰の対象ではなく、この地を照らす役割を持つ神が造った被造物の一つに過ぎないという信仰がありました。

 なお、彼らは、太陽や月星の天体が創造される目的は、「昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるし」となったと考えていました(14節)。人間はこの神が創造された太陽や月星を見上げることから、時間を認識されるようになりました。動物は太陽や月星を見ても、目に映ったものを見るだけでありますが、人間はそれらを考察して、「昨日、今日、明日」そして、「春夏秋冬」のような季節の移り変わりがあって、それが一年、二年となり、自分の人生と結びつけたのです。詩編90編に「人生はため息のように消えうせます。人生の年月は七十年程のものです。健やかな人が八十年を数えても得るところは労苦と災いにすぎません。瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。」とありますように、神によって太陽や月星の天体が創造されることによって、人間ははじめて「日」を数え、「季節」を数え、「年」を数えることができるようになったのです。

 神様は、第四日までの創造で、地上には植物が生長し(12,13節)、大空には太陽や月星が輝いて、生き物が生きる生活空間を備えられました。そして、いよいよここで住む鳥や魚など生き物の創造が開始されるのです。また、神様はそれらのものを祝福して言われました。「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」(22節)神様は鳥と魚にさえも、祝福してくださいました。この祝福を通して、私たち人間にも大きな祝福が及んでいることを深く心に留めたいと思います。

 最後の24節、25節には地上の動物の創造が書いてあります。ここでは、地上の動物を三種類に分けて、「家畜、這うもの、地の獣」が創造されています。これで人間を除くすべての生き物が創造されることとなります。

 神様は海に魚を、空に鳥を、地に家畜や這うもの、獣を創造し、「産めよ、増えよ、満ちよ」と祝福されました。すべての生き物は、神が「良しとされた」掛け替えのない神の作品です。神様が私たちに生物と共に生きる豊かな世界を備えてくださいました。それは、すべての生き物と共に神の祝福を与る者として、共存共栄の責任を委ねられたことです。ですから、私たちは神様が創造し、育んでくださったこの被造世界に対して、愛と配慮をもつ謙虚な歩みをしながら、この自然環境を大切にしていきたいと祈り願います。

2021年1月17日「天と地の創造」

○金 南錫牧師 創世記1章6-13節

 神様は天地創造の第一日目に光を創造されました。そして、第二日目に天を創造されました。古代の人々は、「大空」というのを、地を覆っている固い丸い天井のように、想像しておりました。また、その天井に月や星などが、貼り付いていると考えました。

 二日目に天という世界を創造された神様は、次の三日目に地上世界を創造されました。「神は言われた。『天の下の水は一つ所に集まれ、乾いた所が現れよ。』そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた」(9節、10節)。しかし、三日目の創造はまだ続きます。「神は言われた。『地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。』そのようになった。地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた」(11節、12節) 。神様は天の下の水が一か所に集まって、地と海とを分けられました。この時、まだ動物や人間が現れていませんが、やがて造られる動物や人間が生きていける地上世界が、天地創造の三日目に創造されたのです。この世界は神の良しとされた世界です。

2021年1月10日信徒奨励「すべて神の栄光が現れるために」

○KM兄 コリントの信徒への手紙一10章31節

 人の一生は誕生(BirthのB)に始まり、死亡(DeathのD)で終わります。このBとDの間のCは本人の選択(ChoiceのC)で、このCにより人生は彩られると言われています。
 1932年にスタートした私の人生はいまだ続いていますが、これまでに多くの選択がありました。
 第二次世界大戦の勃発、そして祖国の敗戦。我国未曾有の時流の中で、人生の価値を真剣に考えさせられました。そして聖書を通してイエス・キリストと出会い、彼の言葉を信じて洗礼を受けました。この選択はその後の私の人生に大きな影響をもたらしました。
 父の跡を継いで医者の道を選びました。その道の入り口で「我孵りなば」と題するアンケートがあり、目指す医師像を問われました。
 「医者を必要とするのは健康な人ではなく病人である」というキリストの言葉がありますが、病人の求めに応えられる医者になりたい、そして「食べるにしろ飲むにしろ、何をするにしてもすべて神の栄光を現すために」というパウロの言葉を目指したいと答えました。
 残されていたこの記録を今読んでみて、若かりし頃の意気込みを懐かしく思うと同時に、若い日にこの選択をしてとても良かったと思います。
 人様にご迷惑をお掛けした選択も少なくなかったと思いますが、よい結果につながり、大きな歓びと満足がありました。自分の創り主とつながっていた(AnchorのA)からだと思います。
 皆様もどうぞご自身の創り主とつながる選択により満足されるABCDをお過ごしください。

2021年1月3日「初めに」

○金 南錫牧師 創世記1章1-5節

 存在するすべてのものは、存在を与えられて存在しています。私は何のために生きているのか、なぜ私はこの人生に呼ばれたのか、それは、本当に存在を与えた方に絶え間なく聞くしかないのです。
 「初めに、神は天地を創造された」(1節)。
 この言葉は、私を創造し、私を存在させてくださった方にその意味を問い、この私を存在させてくださった方の意図に添って生きるのが、人生であることを教えています。「初めに、神は天地を創造された」この神の宣言によって始まる世界観を信じる人においては、決して偶然というものや、無意味に存在する者などないのです。
 「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった」(2,3節)。
 すべてのことが混沌の中に呑み込まれる中で、神様は「光あれ」と語ってくださり、そこに意味を与えてくださいました。
 ですから、「光あれ」この言葉は、「私なんか生きる価値がない」と思い込んで、諦めてしまうしかない中で、「あなたは生きる意味があり、存在する価値があり、使命がある」と、神が宣言し、そのような世界を造られたのです。

2020年12月27日「御子イエスの成長」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書2章40-52節

 イエスの誕生物語のほかに、救い主として公の活動を始める前の間にある記事は、今日の聖書箇所の十二歳の時の記事だけとなっています。
 イエス様の家族は、ガリラヤのナザレという小さな村に住んでおりました。毎年、春には家族みんなで、エルサレムに向かい、過越の祭りを祝って帰って来たのです。
 祭りが終わり、ナザレへと帰路に着いたとき、十二歳の少年イエスが、両親とはぐれてしまいました。三日もたち、やっとの思いで、神殿の境内にいる少年イエスを見つけた両親に向かって、イエス様は言われました。
 「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか」(49節)。
 両親はこの少年イエスの言葉の意味を分かりませんでした。しかし、母マリアは「これらのことをすべて心に納めていた」のです(51節)。
 今年一年の歩みは、どうだったのでしょうか。思いもよらない出来事に振り回され、未だに何の意味も見出せない、分からないことがたくさんあると思います。
 でも、マリアのようにそのすべてのことを「心に納めている」ことで、いつか時が来たときに、「そういうことだったのか」と納得することがあるでしょう。

2020年12月20日「神がともに」

○金 南錫牧師 ルカによる福音書2章1-20節

 ローマ皇帝アウグストゥスはユダヤの人たちに、住民登録をせよと命令を出しました。それは、税金を納めるためでした。権力者の命令に、ヨセフとマリアも従わなければなりません。
 しかし、二人にとってはそのタイミングが悪すぎでした。マリアはイエス様を妊娠していて、もうお腹が大きくなったからです。二人が住んでいたナザレという村からベツレヘムという町まで、1週間以上の長い旅をしてやっとベツレヘムの町に着きましたが、住民登録のため、ベツレヘムに大勢の人が集まり、「宿屋にはヨセフとマリアが泊まる場所がなかった」のです(7節)。
 仕方なく、二人は誰かの馬小屋に泊まって、マリアはそこでイエス様を生むことになりました。そして、生まれたばかりの幼子イエス様は、家畜の餌を入れる飼い葉桶に寝かされました。それはこの世に来られた救い主の誕生にしては大変にみすぼらしい光景でした。
 しかし、それが、神様の私たちに対する愛のしるしであったのです。なぜなら、そのような場所であるからこそ、私たちは何のためらいもなく近づくことができます。
 そしてイエス様を遣わした神の愛に私たちが触れるそのとき、私たちは本当に生かされる場所が与えられるのです。