2020年11月8日「神の摂理」

○金 南錫牧師 マルコによる福音書15章21-32節

(音声メッセージを提供しています)

 人生には思わぬ出会いがあって、そのために生き方が全く変わってしまうことがあります。キレネ人シモンもそういう経験をした人です。
 イエス様が総督ピラトの官邸からゴルゴタの丘まで、十字架を負われて歩まれました。 このとき、北アフリカのキレネに住んでいたユダヤ人、シモンという人が、たまたま通りかかったのです。
 彼はユダヤの過越の祭りに参加するために、エルサレムを訪れていたのです。そこで彼はイエス様の噂を聞いたのです。自分を神の子だと称する男が死刑になるというので、彼は見に行ったのでしょう。
 彼の前をイエス様が通られたとき、イエス様が突然倒れられました。そばにいた兵士が、何とか起きて歩かせようとしましたが、もう一歩も動けない様子でした。困り果てた兵士は、そこにいたシモンに、代わりに十字架を負うことを命じたのです。このことが、キレネ人シモンの人生を変えてしまいました。
 重い十字架を背負いながら、どうしてこのようなことがこの人に起こったのか、考えたと思います。そしてゴルゴタに着いて、イエス様が十字架につけられた一部始終をその目で見たのでしょう。その後、キレネ人シモンは、どうなったのでしょうか。
 彼がイエス様の十字架を負わされたことにより、その妻も、息子たちも、イエス様を信じる不思議な幸いへと導かれたのです。神の摂理でありました。