2020年10月11日「イエスの沈黙」

○金 南錫牧師 イザヤ書53章4-7節、マルコによる福音書15章1-5節

(音声メッセージを提供しています)

 ユダヤ人の最高法院ではイエス様に死刑の判決を下しましたが、当時のユダヤはローマ帝国の支配下にあり、死刑の判決はローマの総督の権限に委ねられていました。
 ですから、彼らは翌朝、イエス様を総督官邸に連れて行き、総督ピラトに死刑判決を下すように訴えました。
 しかし、彼らはイエス様を宗教的な冒とく罪で訴えると、ローマ帝国は、関与しないことを分かっていましたので、イエス様をローマ帝国への政治的な反乱罪として、嘘を言って訴えたのです。
 そういうわけで、ピラトはイエス様に「お前がユダヤ人の王なのか」と確認します。イエス様は「それは、あなたが言っていることです」と一回だけ答えて、その後は何も言わないで、沈黙を守っていました。そのイエス様の対応に対して、「ピラトは不思議に思った」と記されています(5節)。
 イエス様は当然、御自分の正しさを主張できたところを、一切そうなさらず沈黙されました。それは、私たちを救うためでした。
 イエス様が私たちの罪をその身に負って、私たちの身代わりに十字架に死んでくださるということは、その不条理の中で神に信頼し続けることでした。
 神様は、そのイエス様を死人の中から、やがてよみがえらせるのです。イエス様の沈黙は信仰の沈黙でした。