第五十号発行記念 「ぶどうの枝」雑感

○ぶどうの枝第50号(2019年6月30日発行)に掲載(執筆者:HK)

 創刊号の編集後記には「教会員の皆様方の親睦を図り、信仰をより確実なものとするために企画されたもの」と記されています。
 私は第十号から編集委員に加わるようになったのですが、創刊から編集の中心で、割り付けなどをお一人でなさっていた故S姉の、「様々な事情で礼拝出席困難な方になるべく投稿していただきたい、また『初めて教会に行った時』や『わたしの好きな讃美歌』などシリーズの記事を企画して、多くの方に投稿していただけるように」との教会報を通じて教会員の親睦を図りたいという思いを強く感じました。
 この教会報への思いや編集方針から割り付けなど編集の具体的、基本的なことを滴草姉にいろいろ教えていただき、第三十七号まで担当しました。企画などをK編集長と相談しながら、割り付けは一人の作業でしたが、案外好きな仕事だったようで楽しかったです。また講演会のテープ起こしもしましたが、大変でしたがテープを何度も聞いて要約していくことで勉強になりました。「ぶどうの枝」の編集作業を通して多くのことを学び成長させていただきました。
 印刷は第二十二号までは、並木町にあった活字が並んでいる古い印刷所で、割り付けはこの記事は何ページの何行目までと正確に、また写真はセロハン紙に挟んで、何%拡大、縮小を計算して渡さなければなりませんでした。
 第二十三号からは別の印刷所にお願いするようになり、原稿はUSBで渡し、割り付けも多少のずれは大丈夫で、出来上がりは何日までと指定もできるようになりました。第三十八号からはI兄とK兄が担当され、印刷まですべて外部発注せず発行するようになり、隔世の感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です